« 2004年 収支 | トップページ | マンクラ »

2004/05/27

ビギナーズラック

 あれは、結婚して間もない頃。
 新婚旅行も兼ねて、九州にお出かけしてみました。
 旅館のチェックインには少し早すぎる時間だったため、近くにあったパチンコ屋で時間潰しをすることになりました。

 とは言っても、その頃の私はスロットなどほとんど知らない状態。ダンナの横に座って見よう見まねで打ったことならあるかな、という感じでした。

 ダンナはその見知らぬパチンコ店にもう夢中。私はふらふらとさ迷い歩いていました。
「ねー、ヒマなんだけど~」
「なんかテキトーに打ってみろよ」
 という訳で、テキトーに打つことにしました。

 で、その頃ダンナがよく打っていた「花火」に座ってみました。
 ダンナ曰く、「この”たまや~”が点いたら教えて」

 知ってる人には常識ですが、この”たまや~”ランプというのは、ボーナスが確定した場合に点灯するランプ。本当は、これが点灯する前にボーナス成立を察知することもできるのですが、そこは初心者相手。複雑な説明は省いたのでしょう。

 しばらく、ぽちぽち打っていたのですが、”たまや~”は点灯しませんが、やたらリールが光っています。

 これもまた知ってる人には常識ですが、リールフラッシュというのは、小役またはボーナス成立時に起きる現象です(不発フラッシュ除く)。

「ねー、やたらキラキラしてんだけど~」
「ええ~?」

 そのときのダンナは、嫌そうな顔してました。
「どうせ小役のとりこぼし」と思っていたに違いありません。

「あっ」
「何?」
「……ビッグだ」

 ダンナは自分の打っていた台を惜しげもなく捨て去り、その「花火」を打ち始めました。

「で、私は?」
「なんかテキトーな台でも打ってろ」

 という訳で、再び放浪の旅へ。

 そこで目に付いたのが、「ドギージャム」……だったような気がする。よく覚えていません。
 で、またぽちぽち打っていると……。

 どーん! 三連7が左リールに止まりました。
 さすがの私も、どうやらいつもと違う目が出た、と気付いたわけですが、目押しの一つもできないので確認のしようがありません。
 台に貼ってあったリーチ目表を見ると、三連7の絵があります。

 またまた知っている人には常識ですが、この目は一リール確定(略して一確)でして、疑う余地もなく、ボーナス成立です。

 ところが。

(回転中……ってナニ?)

 表示されているリーチ目表。左リールの部分には、三連7の絵。中リール、右リールの部分には、矢印と共に「回転中」の文字が。

(回転中……ということは、回転してないとダメなんだろうか)

 思うよね? 普通、そう思っちゃうよね?!

 とはいえ、ダンナを呼ぶのも面倒だったので、そのまま打つことにしました。
 すると。
 再び、三連7がどかーんと止まりました。考えてもよく分からないし、仕方ないので再びダンナの元へ。

「あっ」
「何?」
「……一確」

 ダンナは消化していた「花火」を捨て去り、この台を打ったのでした。

 ああ、なんて素晴らしいヒキだったことか。おそらく、どちらも千円以内だったと思われます。

 あの出来事を思い出すたびに、祈ってしまう。
 あのヒキよ、もう一度!!!

|

« 2004年 収支 | トップページ | マンクラ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/662304

この記事へのトラックバック一覧です: ビギナーズラック:

« 2004年 収支 | トップページ | マンクラ »