« 隣人威嚇打法 | トップページ | あるよ。ないよ。 »

2004/05/28

ノベル大賞のあらすじ

 ノベル大賞に送る原稿の推敲が(一応)完了したので、あらすじを書いてみる。

 これは投稿の際必須なのですが、ワタクシ、めちゃめちゃ苦手。
 だって、原稿用紙100枚かけて書いたものを2枚にまとめるって、アナタ。

 うむ~……。うむむむむ~。

 削ったり、付け足したりして、なんとか書けました。

 ちなみに、「あらすじ2枚」と指定があった場合、2枚目の最後の桝目(またはその枠外)に最後の句点がくるように書いています。
 これは、とある小説の書き方本にあったから。

 ワタクシ、文章力があるんです~。指定された枚数きっちりに収めることもできるんです~。ボキャブラリーも豊富なんです~。

 という自己主張なワケですな。

 ……ハイ、悪あがきです。そんな能力、ありません。あったらとっくにデビューしてます。

 …………。
 さて、気を取り直して、もう一度見直そうっと。

|

« 隣人威嚇打法 | トップページ | あるよ。ないよ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/669900

この記事へのトラックバック一覧です: ノベル大賞のあらすじ:

« 隣人威嚇打法 | トップページ | あるよ。ないよ。 »