« 「主役は銭形」の解析が出たらしい。 | トップページ | 思い出せなくてキモチワルイ »

2004/06/30

6月最終日

 案の定、というか、なんというか……。
 取り返すどころか、傷口に塩をぶっかけてすり込みました。

 NH店は、どうも遊び台の設定を上げることが多いようなので、前日・前々日共に、そこそこの回数ですが客側のマイナスの「主役は銭形」をセレクト。
 「ゼニガタイム」からの解除率が 7-2 でしたので(解除率に設定間格差アリアリ)、追いかけたのが失敗でした。3G(ゲーム)内連チャンにもめぐり合えず、いいとこナシで終了。

 余裕のプラス収支から、まさかのマイナス転落です。
 返す言葉もございません。ド素人の立ち回りです。

 以下、反省。自分に対する戒めです。

 例えば北斗ですが、「必ず負ける台」ではないのです。これだけの台数が出回っているのだから、平均設定が上がっているはずなのです。なにせ、店にとっては簡単に回収可能な台なのですから、やりすぎると客が離れてしまいます。もちろん、高設定が眠っている店を選択することが最低条件です。
 結局、立ち回りを間違えているのです。
 「たとえ低設定でも、展開次第では勝てる」ということは、頭から消し去らなくてはなりません。次の2チェがくるまでは回そう、とかいうヤメ時自体がおかしい訳です。
 吉宗にしてもそう。193Gを過ぎたら、1Gだって回してはいけないのです。
 エノカナもそう。163Gに到達したら、即刻ヤメないといけません(連続バー後はのぞく)。甘い台(設定2から機械割が100%を超します)ということは、高設定はまず望めないのですから。

 そして最もやってはいけないこと。
 今日の負けを今日取り返す、という頭が出来上がっている訳です。

 スロットでは、常勝することはまず不可能だと思います。負ける日があるのは当然なのです。確率は一日では収束しないのです。
 「いかに負けを減らすか」ということを考えなければならない訳です。勝つときは、どうやっても勝つのです。

 たったそれだけのことが、特に月末、さっぱり出来ていなかったのです。プラス収支に甘んじて、遊びまくってしまった訳です。マイナスも当たり前です。

 さあ、書いたぞ。
 書いたからには、やらないと。

 今月の負けをひきずらないように、頑張ります。


● 本日の収支
   投資 55,000  回収 0  収支 55,000

※  おバカさんです。

|

« 「主役は銭形」の解析が出たらしい。 | トップページ | 思い出せなくてキモチワルイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/875027

この記事へのトラックバック一覧です: 6月最終日:

« 「主役は銭形」の解析が出たらしい。 | トップページ | 思い出せなくてキモチワルイ »