« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

2004/07/31

相性のいい店、悪い店

 朝、天気予報を見てみると、どうやら台風は夜にやってくるとのこと。

 じゃ、J店のイベントを覗いてみるか! と、おバカな私は朝も早よからJ店へ。

 おお、大盛況でございます。開店一時間前に、北斗待ちの客だけで60人の並びです。
 ぎりぎり整理券を確保。そんなだから、台を選ぶどころではありません。とりあえず、空き台発見。着席。

 残り物には福があるっていうし。本気のイベントだから、もしかしたら最高設定だったりしてえ。あはははは。

 で。
 朝一、ストレート1300Gハマりました……。

 小役はそこそこきます。で、そこそこ高確率状態アクションに入ったりもします。
 しかし、その後も平均継続回数、2.6回とふるわず。もいっちょ、1000Gハマリをくらって撃沈。

 ふう……。なんだか疲れましたですよ……。

 その後、夫を迎えに行き、夫の希望でW店へ。

 なんと、あっさりラオウを天に帰してしまいました。

 ↓画像が荒いですが
04-07-31_22-44.jpg

 J店……。キミとはどうにも相性が悪いようだよ……。なんでだろ。


● 本日の収支
   投資 56,000  回収 87,000  収支 31,000

※ なんとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/30

明日はイベント

 先日、とある居酒屋でJ店の店員さんと出会ってしまいました。

 「31日は、絶対来た方がいいですよー。かなり本気のイベントですよー。来ないと損しますよー」

 なんですと。そんなに本気なんですか。

 どうやらグループ店挙げてのイベントらしい。自宅のポストにもチラシが入り、テレビCMまで流れています。
 ほほう、ほんとに本気のようですな。
 そういうことなら、朝っぱらから並んで整理券を取ろうじゃありませんか! わーははは。

 という訳で、私の方も気合を入れて楽しみにしていたのですが。

 台風が来るみたいです。

 うーん……ううーん……。どうしよう……。
 でも、警報を無視してスロを打ちに行き、それでもって負けたりして、泣きながら帰る途中で河川の氾濫に巻き込まれたりなんかしたら、かなりアホっぽいですよね?

 ま、仕方ないですね。家でおとなしくしときます。


 ところで、今日パチスロ必勝ガイドを読んでいたら。
 北斗で2チェを三連続で引く確率って、875万6千分の1なんですってよ。
 こちらの記事の通り、私、そんなとんでもないもの引きましたよ。
 ええ、入りませんでしたよ。なんの意味もなかったですよ。とほー。


● 本日の収支
   投資 3,000  回収 30,000  収支 27,000

※ ケンシロウ、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オレンジジュース(46枚)

 少し前に書いた、原稿用紙で46枚程度の短編です。
 お目汚しになります。すいません、すいません、ごめんなさい(←弱気)。
 普段はコバルト向けにライトノベルばかりを書いていますが、年齢的に無理があるのではないかと思い悩み、エンタメジャンルを意識して実験的に書いたものです。
 このままでいいのか、また、投稿するにしてもどこに出したらいいのか決めかねて、結局そのままにしてしまった作品です。
 もしご親切にも、読んでくださったなら、批評・感想などいただけると嬉しいです。「こりゃ読めねえよ」という場合でも、どこで止まってしまったのか教えて頂けるとありがたいです。
 宜しくお願い致します。

 オレンジジュース(46枚)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

その程度みたいです

 日本全国の北斗スロッターの皆様、こんばんは。(つーか、そんなに見てないから!)

 北斗スロッターの皆様、バトルボーナス中、心の中で台に向かって話し掛けてはいませんか?

 「油断したわ、ケンシロウ」と言われれば、「ずっと油断していてください」。
 「天に帰るときが来たのだ!」と言われれば、「ほんと、今度こそ帰ってください」。
 「そんなやわな拳では、この身体に傷一つつけることなどできぬわああ」と言われれば、「やわな拳だったんですね……次は頑張ります」。

 とまあ、色々でしょうが、やはり皆様が反応するのはこれでしょう。

 「うぬの力はその程度か!」

 で、今日の私といえば。
 「ええ、その程度だったみたいです……立ち上がれないです。勘弁してください」

 継続回数、「3・1・2・1・1・1」。
 どうやって勝てというのでしょう。がんばれ、ケーン!

 最後にふらりと打った北斗でなんとか7連して速攻ヤメ。
 単発連続5連が私の記録ですが、塗り替えてしまうかと思いました。


● 本日の収支
   投資 24,000  回収 17,000  収支 7,000

※  連勝ストップ。とほー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/29

本文に背景いれてみました

 実はワタクシ、未だにロマン大賞で一次落ちしたことに落ち込んでおります。
 で、自作小説を載せて生き恥晒してみようかな、と思い立ちました。何がどーしてそうなったのかはよく分かりません(笑)。

 で、それに合わせてカスタマイズしてみました。

 ● トップの記事表示を3件から1件に。
 ● 最近の記事10件を折り畳まずに表示。
 ● カレンダーを非表示に。
 ● 大仏(!)を非表示に。 ……etc……

 ここの大仏に手を合わせるのが日課の方がもしいらしたら(いないってば)、ごめんなさい。

 とまあ、ちょこちょこつついている内に、気が付いたら全体のデザインも変えてました。
 今までもスタイルシートの body で指定していた青空タイルを、 #banner と #center でも指定しました。

 が、記事欄の背景が変わらない……。
 で、 .content で background-color: transparent; と指定しました。
 #center での指定よりも .content での指定の方が優先されるそうで、透明にしたわけです。

 参考にさせていただいたのは、お世話になりっぱなしの
 SHINOblogさまカスタマイズ11(背景を食い込ませる2)
 の記事です。ありがとうございます。

 食い込ませたわけじゃないんですが(同じ画像にしただけ)、非常に参考になりました。
 
 幅指定をパーセントでやっているので、多分、綺麗に重ねることはできないんじゃないかなあ、という訳で、境目にズレが生じるのは笑って見過ごしてやって下さい。

 デザインの方は、またすぐに変えるかもしれないです。なんとなく。

 で、本来の目的である自作小説はどーなった? てことですが、今日は力尽きたので(アホ)今週中には多分、UPします。感想、批評があればいただけるとありがたいです。小躍りして喜びます。
 念のため言っておくと、エロじゃない。多分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/28

新店開拓したいのだけど

 スロットで勝つために一番大事なことは何か、と問われれば、おそらく多くのプロの方が「優良店を見つけること」と答えるのではないかと思います。実際、スロット雑誌にもそのように書いてあることが多いですしね。
 DDT(小役完全奪取打法)やら早期のフラグ察知(ボーナス成立を早く知ってとっとと揃える)ももちろん、大事。でも、それより何より、「高設定が期待できる店」を見つけることが、一番大事で欠かせないこと。

 今現在、私たち夫婦の間では、BO店が最優良店ではありますが、一店だけでは心もとない。しかも、高設定を掴んで勝っているというよりは、ハイエナ稼業で勝つことが多いよーな。
 という訳で、新店開拓に向かいますー。ぱふぱふぱふ、どんどんどんどん♪ ……てか、目先を変えたかっただけなんですけども。

 で、BB店をセレクト。ここはスロット専門店で、しかも目の前にNH店(こちらもスロット専門店)があります。
 前にBB店に行ったときは……まあ、うーん……てな感じでございましたが、NH店の客付きがいまひとつになっているということは、こちらに客が流れているという可能性が高い。

 ほーら、いたあ。前に来たときよりも、数段客付きがいいようです。

 でも……どうだろう。確かに出ている方もいますが、「吉宗」とか「北斗」とか、一発の出玉が大きい台に着席しているお客さんです。
 「キングパルサーA」や「ジャグラー」の客付きがよくないのが気になります……。

 とりあえず、北斗に座ります(もっと設定看破しやすい台に座れ、というツッコミはナシでお願いします。はは)。
 一応はかかりましたが、全て2枚チェリーから。スイカやチャンス目からの前兆モードや高確率への昇格は少なそうです。周りも似たような感じっぽいです。

 結局、夫と二人で出した結論は、「普通」でした。
 でもまあ月末ですし、来月の様子も見てみようと思います。

 純Aタイプの台で勝てる店を見つけたいものです。


● 本日の収支
   投資 6,000  回収 9,000  収支 3,000

※ 投資が少なくてセーフ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/27

天井間際

 どうしたわけか昔から、夫が勧めてくれた台に着席すると、ろくでもない目に合うことが多い。
 もちろん、彼の知識を生かして勧めてくれるわけだから、ハズレばかりでもないのだけれども……。

 今日はBO店で、何も考えずに北斗に着席。
 今月は大幅にプラスなので、細かいことを考えずに好きな台に座ることができる。
 けれども、キャシーを試すどころかバトルボーナスをゲットすることもできず……つーか、小役すら来ませんが、こんちきしょー!

 てな感じでムカついていたら、夫が私を呼びにくる。

 「来い!」

 ……命令口調っすか? ほほう、いい度胸してんじゃないのよ。不機嫌な私にそんな口をききやがるとは。

 「ああ?」
 「いいから、来い!」

 ついていくと、なんと970G(ゲーム)ハマリの銭形が空席でございます。(999Gがバケ天井。それ以上ハマるとビッグボーナス放出)

 すまん、夫。こんな素敵な台が空いていたとは。サンキュー♪

 ところがところが。どうにもこうにも、なーんにもきやしません。
 やっぱりか! やっぱりオマエの勧める台はろくなもんじゃないのか!

 かなり険しい表情で消化していると、夫が私の横にそっとやってきて囁きました。
 「天井まで連れていかれるかもしれないね。可哀想だから、俺、代わりに打とうか?」

 代わりに打つですと? もう1300Gを超しているというのに?(天井は1500G)
 無言で睨んでやったら、彼は口の端を少し上げてから、去っていきました。

 …………にゃろー。狙ってやがったのか?!

 なんとか、1444Gにてビッグボーナス。その後、気合の「俺の名前はルパン三世」カットインで、1G連。更にビッグのみ連チャンで出玉を増やし、200Gまで回してとっとと止めました。

 ……夫。私はキミという人間が信じられなくなったよ……。


● 本日の収支
   投資 26,000  回収 41,000  収支 15,000

※ もしや、ツキというツキを、全て使い果たしているのだろーか。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/26

それが見たかったのか……

 常日頃、夫が言っているのですが。
 「北斗ってさー、最初にコイン入れて液晶画面が出たときに、シンステージだったらがっかりするよね」

 まあ、その気持ちはよく分かります。(ステージによる期待度は、ラオウ>ジャギ>サウザー>シン)

 「それでも、マミヤとかだったら嬉しいけど」

 そうね。マミヤとかレイを連れていたら、少しだけど期待度があがるもんね。

 ほんでもって、今日も二人並んで北斗に着席。
 コインを入れて液晶画面を見ると……。
 夫の台はサウザーステージ。ケンが連れているのは、バットとマミヤ。

 「よかったね、マミヤがいるじゃん」
 「うん、いい太ももしてるよね


 ……………は?

 そういや、キミ、「スーパーブラックジャック」でも、ティファニーちゃんの胸の揺れに反応してましたよね。

 ぶん殴っても、いいっすか?


● 本日の収支
   投資 24,000  回収 36,000  収支 12,000

※  ツキのみで、連勝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/25

エイリやーん!

 かなり動揺していた上に、私の携帯は型が古いので、画像がちょいと荒いのですが。

 04-07-25_21-30.jpg

 北斗をぽちぽち打っていると、バットがいつものようにコケました。で、缶かりんごが落ちてくると思いきや。

 ……ん? 何も落ちてこない……(多少のタイムラグがありました)。
 あっ! あああ!
 えっ……え、エイリやんだああ!

 いやー、プレミア画像の中で、エイリやんは見たことなかったんです。
 かなり嬉しかったです。慌てて撮りました(両サイドが空席だったので、勇気を出してみました(笑))。

 「DiskUp」打ちたいなー……。(エイリやんって、DiskUpが初出でしたよね?)


● 本日の収支
   投資 50,000  回収 81,000  収支 31,000

※  荒い勝負してるなー……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/24

夫のハイエナ

 BO店で北斗を打つも、キャシーを試すどころかバトルボーナス自体をゲットできず。
 銭形を打つも、ようやく4台目にしてボーナスを引いて、ビッグ1・バー2で終了。

 今日は……ダメなのかなー……。

 銭形を181G(ゲーム)のまま放っておいて、店内回遊。
 やたら、ブルーな顔をしている夫を発見。座っているのは、「シンドバッドアドベンチャーは榎本加奈子でどうですか」。

 「止めたいなー」

 なぬ。800Gオーバーのカナちゃんを止めるとな? しかもバー終了の台ですな。

 「代わりに打ってくれる?」

 うしゃしゃ。打つに決まってんでしょ。
 君は何故かカナちゃんに愛されない体質のようだが、私は(ごくたまに)愛されるのだよ。

 速攻で持ちコインでもって台移動。
 その後。

 なんと、怒涛の連チャンをかましました(ビッグ7・バー1。内、3G内連が6回)。
 「ちょっと出しすぎー」とカナちゃんが言ってくれました。

 うっせえ、たまには出させろ! さんざん貢いだぢゃねえか!

 …………。
 すまん、夫。


● 本日の収支
   投資 18,000  回収 92,000  収支 74,000

※  カナちゃんのファンになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/23

マイキャシー・改

 実は、少し前から気付いていたのですが、気付かないふりしてました。

 もしや、キャシー効果が薄くなってきた……?

 あああ、どうしよう。キャシーだけが私の心の支えなのに。
 これだけ単発くらったら、一体明日から何を信じて生きていけばいいの?

 今日もいきなり単発三連チャン。

 あかーん! 「チャ」で離すのは、少しズレてるんだあ! どこなの? どこに合わせたらいいの?
 今更、普通にぽちぽち打つことはできません。北斗スロッターなら、心情的に、分かってもらえますよね?!

 そんな時にふいに浮かぶ、このキャシー。

 『「ホーワッチャー」と言ってから、三秒間待つのだぞ』

 やるしかあるまい! Sさん、信じさせてもらうぜ!

 したらば。
 クリキン聞きました(14連)。

 Sさん、ありがとー! 幸せだよ、あたしゃ。


● 本日の収支
   投資 36,000  回収 36,000  収支 0

※  負けなくてよかった……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/22

ゼットゴールド初打ち

 夕方からNH店へ。

 かるーく北斗にやられて、わずかな持ちコインを持って店内回遊。

 ゼットゴールドに空き台発見。おそらく一生打つこともないんではないかと思っていたんですが、なんとなく。
 今まで打たなかった理由は……なんだろね。なーんか、そそらないんだよなー。

 ぽちぽちやっていると、いきなりどかーんと液晶画面のWINマークが輝かしく浮かび上がる。どうやらボーナス確定の模様。当然のようにバケ。
 さらに100G打たない内に、再びボーナス確定。ちなみにリプレイ三連の次のゲームで確定しました。こちらはビッグボーナス。

 うーん……ううーん……。いや、当たったんだけどさ……。なんというか……。

 演出を楽しみたい人には、ちょっと物足りないかもしんない。
 小役ハズレ演出とか、フラッシュ演出とか、そういうの。

 と、ここまで書いておいて気付きましたが。

 確か、新規則施行後のスロット台は、「小役ハズレ演出」が禁止されるんじゃなかったかなあ……。
 なんか、がっかりだ。


● 本日の収支
   投資 24,000  回収 21,000  収支 3,000

※  ショボーン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/21

フツー

 今日は夫を迎えに行って、そのままPM店へ。
 ほんでもって、そのまま北斗に着席。

 そこそこ小役がきて、そこそこバトルボーナスをゲット。
 キャシーを試して、単発きたりこなかったりで、けれども、すごい継続回数もなく。

 ……なんか、とてつもなくフツー

 (つまんないなー。ネタになんないや)

 はっ

 あかーん! ネタとか言ってる場合やないでー! 勝たなあかんてー!

 なんだか、方向性を間違っているような気がする、今日この頃。


● 本日の収支
   投資 8,000  回収 18,000  収支 10,000

※  連敗ストップで一安心。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/20

AT中の小役

 昨日のMYキャシーの結果に納得いかない私は、今日も北斗へ着席。
 「うぬの力はその程度か!」と何度ラオウに言われても、めげないモン!

 ところが。

 回せども回せども、抽選小役(チェリー・スイカ・チャンス目)がこない。
 これらの役には設定間格差があるので、台移動を繰り返すも、ちーっともきやしません。
 つーか、私の後の人がガシガシ引いているということは……単なるヒキ弱の模様です。むきー。

 やっとで、バトルボーナスゲット。まずはATを消化。
 わずか10Gの間に、2枚チェリー2回って、どーゆーことっすか?
 次のATでもスイカ2回って、どーっすか?
 (AT中は、いくら抽選小役を引こうとも、抽選されません。引き損になります)

 むきー!

 暗黒オーラを身体中から発しながら、多少のコインを流して終了。
 キャシーを試すどころじゃなかったです。


● 本日の収支
   投資 30,000  回収 10,000  収支 20,000

※  私が一体、何をしたと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検索項目増やしました。

 検索の項目に、P-WORLDさんのサイトを追加いたしました。

 パチンカー、スロッターならもうご存知のところかな?

 ここはもう、超便利
 設置機種からもパチンコ店を検索できるから、みなし機問題に揺れている今日この頃、愛しいアノ台を検索して打ちにいかれた方も多いはず。
 また、長期休暇ができるたびに旅打ちに出かける方は、全国情報をここで手に入れたりもしていることでしょう。

 つーか、それ、オマエらのことだろう、というツッコミはナシでよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東野圭吾「幻夜」

 ご存知、直木賞候補作でございます。

幻夜
東野圭吾著

出版社 集英社
発売日 2004.01
価格  ¥ 1,890(¥ 1,800)
ISBN  4087746682

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

 やーもう、どんどん先を読まされちゃいました。
 最初に起きた殺人……阪神大震災の混乱に乗じて叔父を殺した雅也……、これを中心に話が進行するのかと思いきや、これはきっかけであって、出るわ出るわの新展開。息つく暇もなく、とはまさにこのことです。

 しかし、一つだけ言わせてもらうならば、あのラストはアリなのか?!
 まあ、アリなんでしょうが、いまひとつ納得できなかったなあ。正直者(……でもないか)が馬鹿をみる、って感じで。

 雅也に惹かれる女性達の、純粋でひたむきな気持ちが切なくて悲しいです。謎めいた女、美冬の存在が、またそれを際立たせているように思います。

 オビにはこのように書いてあります。

あの女のすべてを知りたい。過去も目的も、真実の顔も--。

 この本を読んだ後にも思いました。「私も知りたいよ」と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/19

Myキャシーがあ

 今日は夕方からJ店へ。

 正直言って、Myキャシーを編み出してからというもの、負ける気がしません。わーははは。

 今日ももちろん、北斗へ着席。

 ……なかなかバトルボーナスがゲットできません。小役はそこそこくるものの、タイミングが合わずヒットせず。
 ま、仕方ない。キャシーは継続打法であって、バトルボーナス直撃打法じゃないものね……。

 おおっと、やっとできました。バトルボーナスです。

 ……単発でした。

 あはははは。ま、そういうこともあるさ。次は大丈夫、大丈夫。
 さ、また来たぞ。こんどこそキャシー炸裂だあ。

 ……単発でした。

 ……今のは、少し早かったのかもしんないし。あはははは。
 あ、またバトルボーナスだあ。こんどは大丈夫だって。

 ……単発でした。

 …………。
 一体、どうしたことだろう。

 結局、うちひしがれたままBO店に行き、今度は5連+10連で少し戻しました。

 むう。キャシーは奥が深そうだ。


● 本日の収支
   投資 48,000  回収 23,000  収支 25,000

※  ラオウ強すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はしごスロ

 独身時代は、はしご酒を死ぬほどしたものですが。
 夫と結婚してからは、”はしごスロ”ばっかりですわ。

 今日はなんと、四件もの店をはしご。

 「他にやることないんかい!」
 と、思わないでもないですが、ね。

 まあ、「シンドバッドアドベンチャーは榎本加奈子でどうですか」の、二連続バケ終了後、90Gの台を拾ったから、文句は言うまい。


● 本日の収支
   投資 48,000  回収 55,000  収支 7,000

※  なんとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/17

まあ、まったりとね。

 前の記事でも書いた通り、立ち直る気配のないワタシ。

 しかし、スロにだけは行くのはいかがなものか。
 つーか、夫につきあってるだけなんだけどね。

 で、夕方、夫が仕事から帰ってきてからBO店に向かう。

 ヤル気が起きないので、店内回遊もせずに、北斗に着席。
 ま、負けないだけよかったかな?


● 本日の収支
   投資 4,000  回収 5,000  収支 1,000

※  勝ちは勝ち。たとえ千円でも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年度ロマン大賞

 今日はCobaltの発売日。ロマン大賞の結果発表が載せられている号です。

 こちらの記事に書いた通り、二次通過していないことは分かっているので、一次通過しているか確認してみました。

 穴のあくほど、発表のあったページを見つめましたが、どこにも名前はありませんでした。

 甘かったです。力不足です。

 中途半端に落ち込むとどこまでも引き摺ってしまうので、確固たる自分の意思でもって、当分の間、立ち直りません(どきっぱり)。

 では今から号泣しようと思います。はい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大逆転。

 今日も今日とて、BO店へ。

 ぺろっと打って、さっさと退店して、結婚記念日を祝う為に居酒屋にでもいこうかと思っていたら。

 どはー! 北斗打とうが、鉄拳打とうが、銭形打とうが、なーんにも来ませんですよー!!

 ムキになって、朝一から650Gハマリのエノカナに座ってみることに。
 もしかして、据え置きだったら天井も狙えるかもしれないし。なーんて、あはははは。

 …………900G手前まで連れていかれました。しかも、バーだし。

 あはははは。でも、モード2にいるかもしれないしー!
 ほらあ、やっぱりいたあ。バーだけど。

 あかーん、止められねえ!(連続バー後は、シンドバッドゾーンに入りやすい)

 ところがところが。
 その後、163Gを抜けることなく、閉店間際までぶん回し。結局、ビッグ7・バー4で終了。

 時間のない時に限って、出るのは何故なんでしょう……。


● 本日の収支
   投資 35,000  回収 61,000  収支 26,000

※  理不尽な負け方をすることもあるのだから、理不尽な勝ち方をすることがあってもいい。きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/16

『勿忘草の咲く頃に』

 はじめてbk1で本を買ってみました。それが、これです。

勿忘草の咲く頃に(コバルト文庫)
沖原朋美著

出版社 集英社
発売日 2004.06
価格  ¥ 440(¥ 419)
ISBN  4086004372

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

 すんごく重厚な包装で届けられたよ。コワレモノでも届けられたかと思ったさ。そんなに丁寧にしなくても大丈夫だよ(笑)。ハードカバーの本と一緒だったからかな?

 この作品は、2003年度コバルトノベル大賞の読者大賞を受賞された、沖原朋美さんの文庫デビュー作になります。

 受賞作の方も「Cobalt」で読みましたが、これも涙なしでは読めませんでした。
 という訳で、文庫デビュー作も必ず読もうと決意していたのです。その割りに発売から(6/10)ずいぶん経ってるじゃん、というツッコミはナシでよろしくー。

 受賞作にしろこの作品にしろ、ある意味、典型的な少女小説だと思います。
 受賞作はノベル大賞を逃したものの、読者大賞に選ばれ、更に読者アンケートで一位をとったとか。
 時代はこういう小説を求めてる! ほんでもって私も求めてる! Cobaltさん、こんな感じのをよろしく!

 受賞作を読んだときには、少し古めかしい表現が気になったものの、とても丁寧な文章を書く人だなあ、と感心することしきりでした。
 今作は受賞作に比べると、多少、表現が雑になったかな? と途中までは思っていましたが、そんな細かいことは、終盤に近付くにつれ気にならなくなりました。

 私はこんな感じの話が大好きです。
 淡々と過ぎていく時間や、ただ膝を抱えてずっと眺めていたい風景だとか、そういったものが話のあちらこちらにちりばめられていて、読者にとても優しいのです。
 もうね、ラストまで読み進めると……泣いちゃうよ、ほんと。号泣しちゃったよ。

 心が洗われる、とは、まさにこういうことだと思います。いいお話を読ませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結婚記念日

 昨日のことです。

 「ねー、明日、何の日か知ってる?」
 「知ってるよ、結婚記念日でしょ?」 ← 今気付いたが、いかにも覚えていたように言っておく。
 「わあ、覚えててくれたんだ、嬉しいなあ」 ← とりあえず褒めておこうか。
 「覚えてるよー」 ← こう言っておかないと後でうるさいし合わせとくか。
 「明日、ごはんでも食べにいこうよー♪」 ← ここが本文。晩飯つくるの面倒だから、理由を作りたい。
 「いいよー」 ← どーでもいい。

 とまあ、バカップルぶり全開の会話をしたのが午後7時頃。

 ほんでもって、スロして帰宅して晩飯食ってこのサイトの記事を書き込んで確認して……と。
 んん? 日記の日付が15日になってますよ? 私たちの結婚記念日は15日でしたよね?

 …………明日じゃない、今日じゃん!(昨日が14日だと信じて疑わなかった)

 「ねえ……今日が15日だって。勘違いしてたわ、ごめん」
 「あ、じゃあ今日が結婚記念日だったんだ」
 「ウン」
 「…………」

 ま、そんなもんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/15

「キャシー」すげえよ……

 もしかしたら、昨日・一昨日とスロ収支の一言コメントのところ(収支のあとに※をつけて書いている一文)に書いてある「キャシー」という言葉に首を捻っている人がいるかもしれない。

 「いや、別に気にしてなかったけど? どーでもいいし」
 とか言わずに聞いてくれえ。

 キャシーとは、「パチスロパニック7」読者の方なら言わずとしれた言葉です。

 キャシーとは……「パニック7」で「万枚くん」という漫画を連載なさっているサマンサ三吉先生が考案された、バトルボーナス継続率アップ打法です!
 ええと、俗に言う「セット打法」とかとは違うので勘違いしないように(笑)。

 詳細をここに書くべきではないと思われるので、気になるスロッターの皆様は、コンビニに走って「パニック7」を購入しましょう。

 「オカルトかよ、おい」
 と言いつつ、何故か試さずにはいられない、「キャシー」。
 そして試行錯誤しながら、ついに「MYキャシー」を編み出しました! 私は「チャ」と同時に離すのです。

 昨日、一昨日とロングバトルボーナス。これで調子に乗らずにいられるかっての(アホ)。
 今日も北斗に着席。早速バトルボーナスゲット。もちろん、「キャシー」を試します。

 継続回数「12・4・5・9」……おいおい、今日もキャシーは絶好調だよ。わーははは。しかも最後の9回継続のあとに、32G内の引き戻しだよ。わはははは。

 ……えーと、単発でしたけど。
 まあ、そういうこともあるさ。あはははは

 その後、2枚チェリーを3G連続で引くという、尋常じゃないヒキを見せたものの、これが入らず。それからキャシーを試す機会は訪れず、終了。

 いやいや。でも、「MYキャシー」を編み出してからは、単発が極端に減ったような……気が……する……よーな……なんて……。
 とにかく、キャシーはすごいっす。多分


● 本日の収支
   投資 9,000  回収 53,000  収支 44,000

※  昨日、北斗揃いの赤オーラで三連ストップしたのはナイショ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/14

天に帰ってくれました

 よくパチンコ屋の店頭に、花輪が置いてありますよね? 「大入」とか書いてあって、電飾で飾りつけられているアレです。

 以前、PM店に置いてあった花輪に、「PM店様 ラオウより」って書いてあるのがあったんです。
 そのときは、それを見て「おい、ラオウが花輪を送ってくれてるよー! あはははは」と爆笑して終わっていたのですが、証拠写真が欲しいなー、と急に思い立ち、本日、わざわざデジカメを持ってそちらに出向いたんです。
 しかし、残念ながら撤去されていました。とほー。

 そのまま帰るのもアレなんで、そのままPM店で打つことにしました。

 したらば。
 クリキン2回、内1回はラオウに天に帰っていただきました。

 何が吉にすっころぶか、わからないもんですなー。
 いやっほう。


● 本日の収支
   投資 12,000  回収 103,000  収支 91,000

※  キャシーって、すげえ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BO店

 最近やたらと相性のいいBO店について、何にも書いてないなー、と思い立ったので書いてみます。

 ちなみに私個人のBO店での成績はどうだったのか、Excelくんに訊ねてみたところ……
   先月 +168,000  今月 +172,000(7/13 現在)
 のはー! BO店がなければ生きてないっすよ、私。

 相性とか言うのはあまり好きでないのですが(確率信者だから(笑))、まあ相性もあるんでしょう(どっちだ)。

 BO店は、基本的に人気店ではないんですね。夕方に入店しても、稼動ナシの台とかあったりする。
 けれど、他の店では考えられない台が落ちています。例えば、

 500Gオーバーのネオプラとか、ジャギステージの北斗とか(本当に高確率状態のことアリ)、ボーナス後100Gの銭形とか。

 人気店じゃないからといって、オール低設定とかって訳でもなさそうですし。

 最近では、ぽつぽつと稼動も増えてきています。よかったよかった。
 でも……あまり人気店になるとオイシイ台が減るだろうし、でもいつまでも営業してほしいし……のわー! ジレンマー!

 店員さんについては、頑張っている様子が窺えて好感が持てます。
 私が忘れた煙草を持って交換所まで走ってきてくれたときには感動しちゃったよ。
 あ、あと、赤箱に差した札に 「機種 ケーン! ○○番台」 と書いてあったのには笑った。パニック7読者がいるらしいです。

 これからも宜しくお願いします(切実)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004/07/13

店員さん、ありがと

 今日も夕方からBO店へ。

 最初はとりあえず北斗からと思い、前日死亡台に着席。

 チャンス目頻発。なんとか早めのバトルボーナスゲット。
 すると、それが怒涛の連チャンをかましてくれる。

 箱にコインを木の葉積みしていると、店員さんが二箱目を気を利かしてもってきてくれる。
 ところが。

 箱を持ってきてもらった瞬間にバトルボーナス終了。
 ええと、二箱目は不要なんですが……。

 とはいえ、なんだか申し訳ない気がしたので、下皿のコインを申し訳程度に箱に入れ、それを膝の上に置いたまま続行。しかし、抽選小役がちっともこない。どんどんコインが減っていきます。
 (本当なら、もう止めているんだけどなあ。今止めるのは中途半端だし……。ま、いっか、勝ってるし)
 と思いつつぽちぽちとやります。

 すると、再びバトルボーナスゲット。
 それがまさかの15連チャン。

 ありがとう、店員さん。あなたがいなけりゃ止めてたよ。


● 本日の収支
   投資 6,000  回収 67,000  収支 61,000

※  キャシー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検屍官シリーズ「審問」上・下

 この話は、こちらの記事で紹介した「警告」の続編にあたります。……いや、続編と言い切っていいものかどうか。

審問 上(講談社文庫)
P.コーンウェル〔著〕・相原真理子訳

出版社 講談社
発売日 2000.12
価格  ¥ 660(¥ 629)
ISBN  4062730456

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1
審問 下(講談社文庫)
P.コーンウェル〔著〕・相原真理子訳

出版社 講談社
発売日 2000.12
価格  ¥ 660(¥ 629)
ISBN  4062730464

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

 というのは、これは一応、独立した作品なのです。が、「警告」を読んでいないと分からない部分が多分にあります。実際、「警告」のラストの何時間後からこの「審問」は始まります。
 けれども、「警告」のみならず、もっと前との事件とも関連しています。もし「審問」を読むのならば、最低でも六作目にあたる「私刑」から読んだ方がいいかもしれない。

 なんて壮大なんだ! コーンウェルは「私刑」を書いているとき、ここまで考えていたんだろうか? いたんだろうね。すごいや。

 「警告」で解決されたはずの事件が、「はい、めでたしめでたし」で終わることなく、新たな謎と共に再び展開されます。
 あまりにも多くの謎が一気に繋がるので、これ以上は書けないよー! ネタバレだらけになっちゃう。

 誰を信じたらいいのか、何に頼ったらいいのか、主人公のケイ・スカーペッタと一緒にどきどきしちゃうことウケアイです。

 ラストでは、新しい展開が待っている予感。次回作が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/12

鉄拳チャンス……発動?

 今日は夫と共にJ店へ。

 最初に軽ーく、ケーンにやられて、鉄拳へ。

 ビッグボーナスゲットするも、チャンス目が引けず追加投資。しかし、すぐさま再びビッグボーナス。
 ビッグ終了後50G以内でチャンス目到来。しかも、演出ナシ

 きたよ、きました。ボーナスor鉄拳チャンス(TC)or鉄拳RUSH(超レア)!
 わはーははは。今日こそもらったあ!

 ……と、思ったら、それからアツい演出が頻発するも何も起きず。

 まさか。
 まさかとは思いますが、一度も鉄拳チャンスを引けずに終了しちゃったんですか……?
 (TC抽選ゾーンG数は当選時に決定。TC抽選ゾーン中のTC突入抽選確率は約 1/10。その 1/10 が抽選ゾーン中に一回も引けなかったら……何も起きずに終了しちゃうって……ことです……か?)

 のはーーーー!

 うわあああん、そりゃないっすよー!
 どーしていつまでも振り向いてくれないんだ、鉄拳ーーー!


● 本日の収支
   投資 22,000  回収 0  収支 22,000

※  そんなことがあるとは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/11

気を失ってました

 夫が仕事だったもので、私はほけーっとお家で小説なんぞを読んでいました。
 するとその内、うつらうつらしてきて……

 「……寝てる」

 はっと目を覚ますと夫が私の傍らに立っています。

 「いいねー、お前は。俺なんか、暑い中、仕事だったのによー」
 ちょっぴりふてくされ気味の夫。
 「ちっ、ちがうもん! 寝てなかったもん!」
 「ほー、じゃ、何?」

 「気を失ってました!」

 当然、そんな嘘は通用しませんでした(笑)。

 寝ぼけた頭でBO店へ。

 うーん、寝ぼけていた方がいいのかも。


● 本日の収支
   投資 13,000  回収 25,000  収支 12,000

※  連勝だあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

選挙人名簿が

 今日は参議院議員通常選挙の投票日ですねー。
 朝も早よから行ってきました。

 夫に急に仕事が入り、通勤前に一緒に行くことにしていたのですが、朝の準備のなんやかやで間に合わなくなってしまい、結局一人で行きました。無念。
 ま、午後8時までには帰ってくると思うので、夫にはそれから行ってもらおう。

 今回、選挙会場に足を踏み入れると、いつもは分厚い名簿を開いている人たちの前に、ノートパソコンがありました。
 なんと、バーコード管理になったらしい(全国区ではもう取り入れられているのかもしれないが、こちらは今回はじめてだったのだよ)。ハガキを出すとバーコードリーダーでピッとやり、「○○さんですね? 誕生の月日をお願いします」
 おお、よかったね、名簿対照係の人。楽ちんになったね(導入は大変だったでしょうが)。

 ところで。
 私が社会人になって間もなくの頃のこと。勤めていた会社の上司がこんなことを言っていました。

 「選挙には必ずいかないと。国民の義務だよ。何? 『誰がやっても一緒』だから行かない? それは甘えだね。だったら白紙を出せばいい。投票する、という義務も果たさないで権利ばかり振りかざすのはおかしいよ。選挙にも行かない人に政治を語る資格はない」

 うむ。なるほど納得

 実は、選挙権を手に入れてから少しの間、めんどっちいから行ってなかったのですが、これを聞いてからは欠かさず行くようにしています。
 実際に行ってみると、全然めんどっちくはなくて、むしろ、「他になにかやることないですか!」と思っちゃうね(笑)。

 で、無効票に、『白紙を出すのもツマンナイ』と思うのかどうかは知らないけれど、馬の名前を書く人が、毎回必ずいるらしいですね(笑)。選挙って日曜日にあるもんね。GⅠレースと重なることもあるんだろうね。

 さてさて、結果はいかに?

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2004/07/10

BlogPeople更新マーク

 さきほど、BlogPeopleのHPを見ていたら、こんな一文が。

7月9日:「更新マークデザインコンテスト」の応募作品がBlogPeople内から利用できるようになりました。「設定」ページ内の「7.更新マーク表示時間」から呼び出して利用することができます。

 なんですとー! そりゃ大変だ!

 今まで、更新通知は「New!」と表示されるようにしていたのですが、これからはきらきら光って回るマークになります♪
 嬉しいなあ、待っていたんだよー。

 他にもたくさん、かわいいマークがありました。
 まだの方は、是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレミアチェリー

 BO店でぽちぽちと、銭形500G(ゲーム)ゾーン狙いにいそしんだ今日。

 500G手前でボーナス解除したはいいが、バーだったのでがっくりしながら200Gまで回そうとしていたら。

 カシャカシャカシャカシャ……!
 タイプライター予告発生! 気になる文面は……。

 「チェリーを盗め!」

 あー、はいはい。チェリーね。どうせ外れやしないんだけどね。でも外れてくれたら嬉しいなー。
 ああ、やっぱね。やっぱりチェリー……がっ……!!! チェリーが中段にーーーー!!

 きたよ、きました。解除確定小役、2枚チェリー!!
 1/8192 の、プレミア小役ですよー!!

 幸せです。もう満足です。最高です。

 そのチェリーで解除したビッグ終了後、またまた200Gまで回していたら、前兆っぽく演出が連続。
 そうこうしている内に、シナリオ演出に突入です。
 警官がわんさと出てきてくれたら、期待度が高いんだけどね……ああ、やっぱこないね、そんなもんだよね……って……! 代わりに清掃員に扮したルパンがいるんですけどーーー!
 これってプレミアですか? ボーナス確定?! (調べたところ、ビッグ・バー共通の確定パターンのようです)

 最後は200Gまで回して、ヤメ。

 ビッグ2回・バー3回と、バーに偏りましたが、充分です。
 あー、幸せだなあ。


● 本日の収支
   投資 15,000  回収 20,000  収支 5,000

※  スロットの醍醐味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝・100,000km達成

 昨日、夫を迎えに行く途中。

 「ああああああ!」
 車のメーターが、メーターがああ! 全リール回転(!)だああ!
 meter.jpeg

 記念にと、慌てて携帯で撮りました(ちゃんと路肩に寄せましたヨ)。

 がんばったね、ぱるぴー……(車に愛称つけてます)。キミとは夫より長いつきあいだね……。
 そりゃ、車検代も高くなるはずだわよね。色々無理させてるもんね……。

 ぴくりとも動かなくなるまで乗り続けて潰すつもりだから、これからも頑張ってねっ。
 愛してるよー。(その割に酷使しすぎのよーな気がするのは気のせいです、ハイ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄拳チャンス

 今日は、夫の希望でA3店へ。

 まずは鉄拳から。相性の悪い台ではありますが、リプレイハズシでの6枚奪取打法を試したかったので。

 ちなみに、この打法は

ビッグボーナス中、リプレイが成立したゲームで(残り9Gからははずさないこと)
1. 中リール、ベル・赤7・ベルを狙う。
2. 右リール、フリー打ち。
3. 左リール、枠上or上段にチェリー付きの青7を目押し。

 これで、リプレイハズシをしつつ、6枚ゲットできます。
 左リールには2コマほど余裕があるので、慣れれば簡単です。ただ、目押しに自信のない人はやらない方が無難かも。

 ふむ。どうやら私にもできるようです。これはいいですねー。マイナス3枚からプラス6枚に変わります。使える技のようです。

 が!

 鉄拳チャンス4回で解除0回って、ふざけてんのか、コノヤロー!

 てな訳で、北斗へ移動。
 あっさり17回継続をゲットしてプラスになりました。

 鉄拳……好きなんだけど、勝てないよう。


● 本日の収支
   投資 8,000  回収 28,000  収支 20,000

※  ま、いっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/09

夫だけどね。

 今日はいつものように夕方からJ店へ。

 鉄拳に着席。すぐさまビッグボーナスゲット。
 すると、そのビッグ中になんと……JACハズレ(鉄拳ラッシュ三連以上確定)が!

 当然のようにデビルに勝利! 10連コンボ画面も見ました!
 結局それが11連(10連が最高のはずなのですが……数え間違いか、上乗せかは分かりません)!

 その後、鉄拳チャンスもゲットして、三箱分、一気にでましたー!

 ……ええ、まあ、夫の話なんですが。
 夫だから、いいっちゃあいいんですがね、なんか納得いかない。

 私ですか? あははん、見ての通りですわ。


● 本日の収支
   投資 29,000  回収 0  収支 29,000

※  私の方がシャオユウを愛しているのに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/08

できたあ!

 先日のカスタマイズで、思い通りにいかなかったところを、facetさんのアドバイスに従い修正したところ……できました!

.sidebar h2 のpaddingのところを padding: 3px 3px 3px 20px; という感じにしてやると上手くいきました(padding: 3px;とpadding-left: 20px;は共存できないみたいです)。

 とのアドバイスをいただきましたので、スタイルシート .sidebar h2 の  text-indent: 20pt; の指示を外し、代わりに padding: 3px 3px 3px 25px; の一文を入れました(25px にしたのは、見栄えを見てのことです)。

 すると、なんということでしょう! ←某リフォーム番組風

 開閉ボタンの表示はそのまま、そしてサイドバーのタイトル表示もくまさんを避けて左に揃っているではありませんか!

 更に、スクリプトを修正なさったとのこと。こちらの記事参照↓
 サイドバー折り畳み2 少し修正しました
 新たにスクリプトをダウンロードさせて頂いて、アップロードしました。

 そして、削除していた

//
counterPrefix = "(";
counterPostfix = ")";
counterStyle = "letter-spacing: normal;color: silver;#F0FFF0;";
countBroadly = true;
//
pattern = "最近の|バックナンバー|カテゴリ|LINK";
countItemsBy(pattern);

 このソースを復活させたところ、Netscape7.1 での不具合も完璧に修正されていました!

 もう……なんと言っていいものやら……。尊敬します。感謝するしかできません。
 そしてこんなに丁寧に指導して頂いて、私はほんと、幸せ者です。

 ありがとうございました。


★ 追記 ★
 アドバイスに従い、ソースの一文を削除いたしました。
 また、件数表示の色指定をいたしました。
 labelStyleとcounterStyleの指定は、スタイルシートの方でしています。詳しくはコメント欄にて。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

直木賞・芥川賞

 どうやら、第131回芥川賞、直木賞の候補各6作が発表されたようですね。
 候補作は、こちらの記事で。
 全然、読んでないわ。とほー。

 なんか、どきどきしちゃうね。
 どの作品が受賞してもいいのだけれども、今回は、直木賞・芥川賞、二つの賞が均等に話題になればいいなあ、と思います……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌いまくり。

 今日は、夕方から夫とBO店へ。

 鉄拳を打てば、バー単発。
 銭形を打てば、500Gスルー。
 エノカナを打てば、163Gスルー。

 ケッ、やってられっかー!

 という訳で、夫と二人でカラオケで熱唱。

 「ゆーあしょーっく!」
 「おーっとこにわあーじーぶんのーせーかいがーあるっ」

 あー、すっきり。


● 本日の収支
   投資 24,000  回収 0  収支 24,000

※  一進一退。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/07

サイドバーの折り畳み

 前々から言っていたのですが、ついに本日、念願のサイドバーの折り畳みに挑戦することに致しました。

 もうね、オバサン、疲れちゃったよ。朝から夕方までずーっとPCにかじりついて頑張ったんだよ。
 なんでそんなに時間がかかったのかって? それはね、超初心者だからだよ(開き直り)。
 知識のある人なら、ちょちょいのちょいなんだろーなーって、ほんと情けなくなっちゃったよ。

 必要な二つのスクリプトをダウンロードさせていただいて、アップロードして、得意の丸々コピペで、さあどうだーっ!
 ……ところが、どうした訳か「+」「-」が表示されなくて、四角いボタンだけが表示されちゃったんです。それの原因究明だけで、一体何時間かかったことやら……。しくしく。

 どうやらこの「+」「-」の文字がボタン内に入りきらないらしい、ってことに気付いたのですが、他の方はちゃんと収まっているんですよね。
 なんで? どぼじで?! どーしてウチだけ?!
 という訳で、試しにスタイルシートの width と height の指定の後ろに overflow:visible; と入れてどんな大きさにしなければならないのか見ようとしたんです。
 すると、ボタンはやたらに横長になり、「+」は右隅にちんまりといらっしゃる……。
 ! !! !!! わかったあああ! (多分)
 そうです、私はサイドバーのタイトルにくまさんを表示させているので、.sidebar h2 で text-indent: 20pt; と指定していたのです。どうやらその影響をモロに受けた模様。
 
 という訳で、.sidebar h2 の text-indent: 20pt; を text-align: center; にして、タイトルは中央揃えに致しました。
 これで問題解決ー(のはず)。

 折り畳みに関しては、以下の記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございます!
   facet-diversさまとりあえずサイドバー折り畳み2

 ただ、Netscape7.1で表示させるとなぜか、件数を表示させた項目だけタイトルが左寄せになってしまったので、泣く泣くこちらの記事のソースから以下の部分をがっつり消しました。

//
counterPrefix = "(";
counterPostfix = ")";
counterStyle = "letter-spacing:normal;color:silver;";
countBroadly = true;
//
pattern = "最近の|バックナンバー|カテゴリ";
countItemsBy(pattern);

 ……なんでだろう……一体、何をやらかしていたんだ、私。

 気を取り直して、今度は折り畳みボタンのデザインを変更いたしました。
 これに関しては、以下の記事を参考にさせて頂きました。ありがとうございます!
   KOROPPYの本棚さま折りたたみボタンの色を開閉で変える

 相変わらず、人様の知恵を拝借するしかできない私……。
 ほんと、先人の偉業に感謝感謝です。

★ 追記 ★
 7/8、こちらの記事の通りに修正いたしました。

 7/9、開閉ボタンの形状を変更するため、スタイルシートの以下の部分を変更いたしました。

.sidebar h2.unfolded button を

border-style: inset;border-width: 2px;border-color: #E0FFFF;background: #E0FFFF;font-size: 10pt;color: #0000CD;

.sidebar h2.folded button を

border-style: outset;border-width: 2px;border-color: #F0FFF0;background: #F0FFF0;font-size: 10pt;color: #3CB371;

「さあ、このボタンを押しやがれ!」的な(笑)、自己主張ができたと思うのですが……どうでしょう……。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2004/07/06

くしゃみひとつで呼ばれたからにゃ

 今日は、夕方から夫と共にW店へ。

 この店は、「ハクション大魔王S」が現役で稼動しているという、素敵なお店です。
 新規則が施行された今、この、私の最も愛した台を打っておかねばならぬでしょう!
 もちろん、収支は度外視で。

 生涯最後となるかもしれない、魔王との逢瀬にもうどきどきです。

 この台は設定6の爆発力(アベレージ万枚)だけがやたら話題になりましたが、液晶と出目の絶妙な加減がもうたまらないのです。
 相性の良さも手伝って、かなり打ち込みました。夫に言わせると、「マニアの域に達している」のだそうです。

 さーてと、ほぼ全台が処女台です(夕方なのに)。おそらく、設定1or2のまま毎日据え置きと思われるので座るのはどれでもいいでしょう。

 通常時のチェリーから「つぼつぼチャンス」、このつぼチャン終了後の「どきどきタイム」にがまぐちを引き、更に「つぼつぼチャンス」に突入。もちろん、どちらも単発ですが一向に構いません。「どきどきタイム」中にがまぐちを引けたことの幸せが、私の心を満たします。

 しかし……どうにもビッグボーナスが引けません。間にバーを引いてしまい、たまっていくがまぐち回数……。
 そうね、そうよね、魔王ってそんな台だわよね! 変わってないのね、あなたって人は! 最後の最後まで私を振り回すつもりなのね!

 とまあ、台に語りかけたりして、かなりアヤシイ人になりつつあります(もちろん、声は出してないっすよ)。

 なんだかんだでやっとビッグボーナス。そして。
 ビッグボーナス終了後の「どきどきタイム」、残り16G。左リールのバーが枠下にすべりました(この時点でがまぐちorリプレイorつぼorボーナス確定。つぼは揃うとは限りません)。液晶演出はナシ。
 しかしまあ、楽しむために来たのだから、一応狙ってみましょうか。せーの。
 ずどーん! がまぐちが揃いました(残り20Gから、高確どきどきタイム確定)。

 愛してるよ、魔王ーーーー!

 ロングつぼチャン、とはいきませんでしたが、もう充分です。つぼチャン中に引いたボーナスがバーでもいいんです。満足です。
 残った「どきどきタイム」だけ消化してヤメ。

 その後、420Gハマリのキングパルサーから、バー一回を含む三連チャンで勝ち額を増やして終了。

 最高の一日でした。


● 本日の収支
   投資 18,000  回収 28,000  収支 10,000

 ※  ご満悦。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

検屍官シリーズ「警告」

 とあるサイトの掲示板でこのシリーズが紹介されていて、おもしろそうだなーと購入したのが始まりでした。
 元々、書店に並んでいるのを見たことがあって、少し興味をひかれてもいたので丁度よかったって感じです。

警告(講談社文庫)
P.コーンウェル〔著〕・相原真理子訳

出版社 講談社
発売日 1999.12
価格  ¥ 980(¥ 933)
ISBN  4062647362

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

 この本は、検屍官シリーズの10冊目にあたります。
 一冊完結の形をとっていますが、途中だけを抜き取って読むのはお勧めできません。というのは、前の事件が登場人物の心理に深くかかわっていることが多々あるのです。それに、主人公のケイ・スカーペッタをはじめ、姪のルーシー、マリーノ警部など、登場人物たちは回を追うごとに年齢を重ねていきます。どうせなら、その成長や状況の変化も楽しんだ方がいいと思うのです。

 さて、この「警告」ですが(ネタバレを含むので、読まれる方は反転願います)、
 前作「業火」で亡くなった、FBI心理分析官であり、ケイの恋人(事実上の伴侶)であるベントンからの手紙で始まります。
 もうね、この時点で号泣。
 というか、まさか主要人物であるベントンが殺されるなんて考えてもいなかったから、「業火」では本当に驚かされました。
 「警告」では、この哀しみに捉われたケイの心理描写が克明に描かれています。信じたくない、でも信じなければならない、その心の揺れ動く様は、見ていて辛いほどです。
 なのに……なのに、インターポールの(というととっつぁんを思い出すなあ(笑))ジェイ・タリーって、なんだよ、アレ。驚いちゃったよ、オバサンは。

 このシリーズは回を追うごとに面白くなっていきます。翻訳ものを読むのが大の苦手な私は、最初の方はかなーり時間がかかりましたが、この「警告」はすぐに読めちゃったもん。面白かったですわ。

 まだ手元に続編が残っているので、それらも近日中に読みたいなーと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/05

なんでもそこそこ。

 最近、NH店のパラダイス度が落ちてきているような気がするので、今日はここのところ足を踏み入れていないL店へ、夫と行ってみました。
 交換率が7枚から5.5枚に変わった、ということなので何か変化があるのかもしれません。

 うーん……ううーん……。

 どうだろう? 客付きはそこそこ、出玉もそこそこ……。
 劇的な変化はなさそうです。

 ま、せっかく来たのでとりあえずは打ってみますか。

 CR機の釘が、店のヤル気を見るには分かりやすいかなっ、と言い訳して打ってみることにします。
 ……やっぱりこれも、そこそこ。

 吉宗、銭形のシマを回遊するも、吉宗では193Gヤメの台がずらりと並び、銭形は600G付近の台しか落ちていません。とてもじゃありませんが、手が出せません。

 こういう時は、北斗でしょー! と、うきうきしながら打ってみます。

 むーん……。

 チェリー、スイカの出現率も、そこそこ。
 バトルボーナスがかかるも、4回やら3回やらの継続回数(継続回数は設定には関係ありません。念のため)。

 そこそこの出玉でヤメておきました。


● 本日の収支
   投資 15,000  回収 15,000  収支 0

 ※  こんなもんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/04

よかったあ

 今日は、夫とNH店へ。

 もちろん、昨日の負けを取り戻したいところではありますが、焦ってはいけません。
 千円でもいいから、勝つことを目標に頑張ります。

 という訳で、朝一は「ガメラハイグレードビジョン」へ着席。
 北斗、銭形、鉄拳が埋まる中、ガメラの稼動はいまひとつ。こうなったら、モーニング特典を拾ってカニ歩きをしようという目論みです。50G(ゲーム)回してチャンス目がこなかったら、次の台へ移動するつもりです。

 ところが、幸運にも一台目からヒット。それがビッグボーナスオンリーで5連チャン。よーしよし。
 カニ歩き作戦は、似たようなことを考えた人が、この間に他の台を回してしまったので、中止です。

 調子に乗って、今度は「シンドバッドアドベンチャーは榎本加奈子でどうですか」へ移動。
 すぐさまヒット。バー先行ではありますが、163G内のチャンスゾーンで数珠連したので、まずまずの出玉です。
 満足です。幸せです。

 この時点で、5万近い勝利です。

 が、夫のほうが、こてんぱんにやられています。NH店は客のレベルが高いので中々おいしい台が落ちていないのですね。
 すると夫が言いました。
 「ねー、BO店に行って、並んで北斗を打たない?」

 …………。
 (あまり勝ち額を減らしたくないんだけどなー)

 しかし、悲壮感を漂わせた夫の背中に負けて、彼の希望通りにすることにしました。

 が!

 怒涛の出玉で、勝ち額倍増。

 さんきゅー、BO店。
 夫よ、キミも少しだけ負け額を減らせてよかったね。


● 本日の収支
   投資 29,000  回収 158,000  収支 129,000

 ※  神様、ありがとう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日の二冊

 前記事で分かる通り、こてんぱんにやられてしまった私は、余った時間に本を読んでました。

 やっぱり日本人が書くものが、私にとって読みやすいものなのかなー。一気に読了してしまいました。

 読んだのは、

キーリ 4 長い夜は深淵のほとりで(電撃文庫 0897)
壁井ユカコ〔著〕

出版社 メディアワークス
発売日 2004.02
価格  ¥ 599(¥ 570)
ISBN  4840226040

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

名探偵の呪縛(講談社文庫)
東野圭吾〔著〕

出版社 講談社
発売日 1996.10
価格  ¥ 600(¥ 571)
ISBN  4062633493

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1

 です。

 「キーリ」の方ですが。
 コバルトばかりに投稿しているので、他のところはどのようなものかとふと思い立ち、「電撃ゲーム小説大賞受賞作」を読んでみることにしました。それが「キーリ」の第一作目だったわけです。
 それがもう、面白くて。一冊では飽きたらず、こうしてシリーズをずっと購入し続けています。
 この話は、キャラクターがとても魅力的。ハーヴェイ、好きだー! って、ミーハーかよ、って感じですわ。

 で、「名探偵の呪縛」の方です。ちょっと前(1996年)の作品になりますね。
 これは、「名探偵の掟」の続編(と、呼んでいいものかどうか……)なのですが、「~掟」の方が面白かったので、引き続き読んでみることにしたものです。
 「~掟」のような、お気軽な感じを想像していたので(あちらは短編集になってますし)、最初、すこぅし違和感がありました。
 えーと、そのー、うーんと……今のところ、ノーコメントで。
 いや、面白くないって意味じゃないんですけど、期待していたものとちょっと違うかな、と思いました。

 なんだ、このカンタンな感想。ま、いっか(いい加減)。

 さて、明日からはまたコーンウェルを読むぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/03

今日はもう、一言。

 隣県、I市なんか、

 だいっきらいだあー! だいっきらいだー、っきらいだー、だー、だー…………


● 本日の収支
   投資 67,000  回収 0  収支 67,000

※  一気に転落。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/07/02

まーあっかなーばーらはー

 あーいつっのお、くうちびーるー

 てな訳で、銭形にはまりつつあるリカです。こんばんは。

 広島-巨人の九回に白熱です。前田だからいいか。前田はほんと、男だねえ~。怪我をおして出るその心意気に惚れちゃうよ。
 ああ、すいません、ビール飲みつつだったもんで、少々酔っ払いかも。

 さて、今日は日中は所用があったので、夕方から夫とBO店へ。

 「主役は銭形」は500G(ゲーム)までがアツいと、解析&昨日の挙動から確信したため、500G未満の台を物色です。
 これがまた、結構落ちているものですね。そりゃそうだ。200Gまでが連チャンゾーンですもの。

 やっと、3台目にしてビッグボーナスゲット。それが怒涛のビッグのみ5連チャン。

 幸せだあ。
 が、明日は夫の職場まで送り迎え。
 アノ日の恐怖が蘇ります。一日の最高負け額を記録したあの日の記憶が。あうう。

 がんばるっす、うん。


 ● 本日の収支
   投資 10,000  回収 48,000  収支 38,000

 ※  やればできる子なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バケ地獄

 今日から7月。

 スロッターの皆様にはどきどきの日付ですね。
 そう、7月から新規則施行でございます。7月になると同時に、いわゆる「みなし機」が一斉撤去されるのではないかとも言われていましたが、どうやら順次はずされていく模様。ほっと一安心です。

 しかし、「順次はずされる」わけですから、いつはずされるのか分からないわけです。今日かもしれないし、何ヶ月も後のことなのかもしれない。

 ですから、少しの間、収支を度外視して(をい)、旧き良き名機たちを打ち込みたいと思っているわけではありますが、先月の結果からいっても、初日からそんなお遊びはできません。

 という訳で、J店の新台イベント、「主役は銭形」で勝負です。

 相性が悪いのか、さっぱり勝てない機種ではありますが、少しでも設定に望みが持てるイベント狙いの方がいいと判断。朝も早よからお出かけです。なんとか台を確保して打ち始めます。

 おっと、幸先よく、「ゼニガタイム」からの解除です。ビッグボーナスゲットです。200G(ゲーム)内でバーを引き戻し。……まあ、いいでしょう。大ハマリくらうよりは百万倍マシです。
 が、これを皮切りにバーが5連続しました。

 さて、私が「バー」といつも言っているのは、レギュラーボーナスのことです。「REG」と表示されることが多いです。対してビッグボーナスは「BIG」と示されることが多いですね。
 台によって違いますが、「バー」は、100枚強のコインを獲得できるボーナスと考えていいでしょう。対して「ビッグ」は350枚から711枚と、台によって差はあるものの、大抵はそれくらいの枚数を獲得できるボーナスです(350枚以下のものもありますが、711枚以上はありません。銭形はこの711枚を獲得できる”大量獲得機”です)。
 「バー」と「ビッグ」がどちらがいいかと言えば、まず殆どの台が「ビッグ」がいいわけです。えらい差です。
 で、この「バー」を俗称で「バケ」「オバケ」と言ったりします。由来はわかりません。誰か教えて。

 いつもながら、前置き長いな。

 今日の私、このバケ地獄に悩まされました……。
 結局、ビッグ回数がバケ回数を上回ることはありませんでした(銭形のビッグとバーの比率はおよそ6:4……のはず)。ちょっぴり泣きたくなりました。設定がよさそうな挙動をするのでやめるにやめられず、辛かったです。

 まあなんとか勝てたので、贅沢は言うまい。うむ。


 ● 本日の収支
   投資 43,000  回収 66,000  収支 23,000

 ※  念願のプラススタート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »