« 原爆祈念日の黙祷 | トップページ | 結局、一緒。 »

2004/08/06

宮部みゆき「ICO 霧の城」

 私はゲームはしません。「しません」というより「できません」というのが正解ですが。

 子供の頃、ファミコンが発売され(あー、年がバレるう)、友達同士で集まってスーパーマリオなんぞをやりましたが、何度やっても背景は青いままでした。一番はしっこにあった柱だかなんだかに、皆は上手く飛びつかせていましたが、私はどうしても激突させることしかできませんでした。
 あと、友人がバイオハザード2を貸してくれたのですが、開始わずか5秒で死にました
 夫は割りとゲーム好きなので、ゲーム機器は一応あるんですけどね……あまり触ったことがありません。

 という訳で、ICOというゲームはしたことも見たこともありません。おそらく一生遊ぶこともないでしょう。

 で、

ICO
宮部みゆき著

出版社 講談社
発売日 200406上旬
価格  ¥ 1,890(¥ 1,800)
ISBN  4062124416

bk1で詳しく見る オンライン書店bk1
構想三年。同名コンピュータゲームに触発されて、宮部みゆきがすべての情熱を注ぎ込んだ、渾身のエンタテインメント!

 オビにはこう書いてありました。でもまあ、おそらく、ゲームをしなくても楽しめるようになっているんだろうと思い、読み進めました。

 で、読み終わったときに思ったのは、「ゲーム画面を見た方がいいかも」。
 とても細やかで具体的な風景描写がされていますが、ゲーム画像があるともっと鮮明な光景が頭に浮かぶんじゃないかなあ、と思ったりしました。挿絵が一切ないので、自分の想像力で霧の城を建造するしか手がないのですが、私の陳腐な想像よりは、ゲーム画面の方が美しいんだろうと思います。

 もちろん、私の陳腐な「霧の城」をもってしても、とても充実したお話です。
 個人的には、「第三章 ヨルダ--時の娘」が一番繊細で哀しく、心の中に入り込んだ章でした。ヨルダを主人公にして話を展開させたものも読みたいくらいですが、それだとゲーム世界を壊してしまうのかな? どうだろう。

 というか。
 前にも書きましたが、書ける人はどんなジャンルであれ、きっちり書けるんですね……。すごいや。

|

« 原爆祈念日の黙祷 | トップページ | 結局、一緒。 »

コメント

正直、私は宮部みゆきという人は、ずっと食わず嫌いなとこがあって
ファンタジーものとか、SFチックな話もたくさん書いてるし
文庫本のカバーとかのあらすじを読んでしまうと、
子供向け?ってイメージがついてしまうんですよね。
中居くんが「模倣犯」をやって、初めて読んだというていたらくでした(笑)。

「霧の城」は読んだことがないけど、
きっとリカさんの記事を読まなかったら一生読もうと思わなかったかも(笑)。
だって、ゲームの話・・・・・(超失礼)。

この方の文章は1個1個の言葉がものすごくきれいですよね~。
なんだか詩を読んでいるような、ふわりとしたかわいらしい雰囲気がありますね。
でも、内容は超能力ものだったり、サスペンスだったりするんですよね。
その落差が本当に不思議。

今読んでる本が終わったらちょっと探してみます。

投稿: しのぶ | 2004/08/06 20:26

>しのぶさん
 おお、そんなイメージがありましたか。
 私は「火車」「理由」を先に読んだせいか、宮部センセには、社会派ミステリ作家みたいなイメージがありました。「レベル7」でやっと、SFも書くんだ……的な(笑)。
 実は「模倣犯」は未読です。映画のほうは(というかテレビで)見たのですが、まだ読んでいません。いずれは読むつもりなんですが、未読本が山のようにあるので!
 読書量が足りません、すんません、すんません(汗)。

 そんな私が書く書評なので、あまりアテにはなりません(どきっぱり)。でも興味を持っていただけたようで光栄です。そういや、昔から読書感想文は苦手だったなあ。
 とか言っている場合ではないのですが(苦笑)。

>1個1個の言葉がものすごくきれい
 確かに。その語彙の多さには感服してしまいます。ただきらびやかな言葉を使えばいいってものでもなくて、適材適所、シンプルでも心に響く言葉を使うその繊細さは学ばなくてはいけないことだなあと思います。

投稿: リカ | 2004/08/06 23:56

おおっとー読破お疲れ様でした。
現在、というか、かなり前から読んでいる本がありまして。

強敵(友)とも

まさにこの言葉があてはまるのです、奴は。。。。

「罪と罰」

グワー!人名が多すぎて覚えられない!
今更って感じですがおもしろいです。読みました?

投稿: S | 2004/08/10 16:51

>Sさん
 そうそう、「ICO」はSさんに触発されて読んだんですよ。Sさんはもう読まれました?
 ……と思ったら、「罪と罰」を読んでおられるんですね。ドフトエフスキーのですよね。

 私ですか? もちろん未読です。わはは。
 つーか、少し前に夫に「俺は読んだ」と言われ、あらすじを熱く語られました。更に「読んでないわけ? ぷっ」と馬鹿にされたばかりです。読書量、少ないんだよう……。
 タイムリー!

 >強敵(友)とも
 そんなことを言われては、読まぬわけにはいかないじゃないっすか!
 手に入り次第、読んでみたいと思いますです、はい。

投稿: リカ | 2004/08/10 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/1134277

この記事へのトラックバック一覧です: 宮部みゆき「ICO 霧の城」:

« 原爆祈念日の黙祷 | トップページ | 結局、一緒。 »