« 年末だってのに | トップページ | 有馬は大人の夢 »

2004/12/26

お正月バージョンにしてみました

 クリスマスも過ぎたことだし、このブログも衣替えです。
 今回はお正月バージョンにしてみました。あまり変わっていない気もしますが(ベースがそのままですもんね)、いかがでしょうか。

 先日のココログ・バージョンアップ以来、画像のアップロード方法等、どーにもいい噂を聞かないんですが、さてさて、どうなってるかな~、と思いつつ、作業開始。

 …………。

 めんどっちいな、をい。

 というより、オバサン、そんなにコロコロ知識の入れ替えができないのよ。年だからさ(自覚アリ)。
 せっかく慣れたのに、また違う方法だなんて、哀しすぎるわっ。

 でもどーにかこーにか終了。
 途中のむっちゃくちゃになっているデザインをうっかり見てしまった方、内緒にしておいて下さい。頼みます。

 お正月バージョンってことで、このデザインも短命であることが決まっています。
 えーと、1月15日あたりが限界ですかね?

 短い間のデザインではありますが、ご愛顧くださいませ。ぺこー。

 ……それまで、やり方を覚えているのだろーか。著しく、不安。

|

« 年末だってのに | トップページ | 有馬は大人の夢 »

コメント

あれ?さっき見たときとデザインが・・・・
はっ!!!更新途中だったのですねっ(爆)。
こういう時って本当に恥ずかしいというか、私も「言うなよ」って感じですが(笑)
いや、さっきのも良かったのでつい書いてしまいました~~~っ!

私も1回言われただけじゃ覚え切れないことが多くなってきて(涙)
いちいちファイル名とか紙にメモしないと、忘れちゃうんですよね・・・。
「作ってんのはデジタルな物なのになんでこんなアナログな作業やってんだ?」みたいな。

こういう時に人に話しかけられたりすると意味もなくムカッ腹が立って(爆)
ダンナ様はここ数日、理不尽な生活を強いられていたようです(すまん)。

投稿: しのぶ | 2004/12/26 15:12

>しのぶさん
>あれ?さっき見たときとデザインが・・・・
 はっ。まさかしのぶさんに見られてしまっているとは……。てれてれ。
 もしかして、扇のタイトルバナーでしたか? あれも気に入っていたのですが、どうしても下地の色番号が発見できなくて断念しました(涙)。黒なら#000000で間違いないので、このように落ち着かせました(力技)。#E0FFFFだと思ったんだけどな~。横に並べてみないと、同色かどうか判断できません。とほー。
 タイトルバナーの横のサイズはパーセントで指定しているので、繰り返しの絵か、下地の色を合わせないと切れてしまうんですよね~。あうう。

>「作ってんのはデジタルな物なのになんでこんなアナログな作業やってんだ?」みたいな。
 ああっ、しのぶさんでもそうですか! よかったあ~。
 私のPC前のメモ帳には、今となっては何がなんだか分からないメモでいっぱいです(笑)。

>ダンナ様はここ数日、理不尽な生活を強いられていたようです(すまん)。
 わははは。しのぶさんのあの素敵なサイトデザインは、ご主人の犠牲(?)の上に成り立っていたんですね~。
 でもそれで和んだ人が何人もいるんですから、ご了承いただけるとありがたいです、ご主人さま。てへ。

投稿: リカ | 2004/12/26 19:46

 背景の絵が羽根突きの羽根なんですね。って、ロード中くらいしか見えないよ~(笑。

>「作ってんのはデジタルな物なのになんでこんなアナログな作業やってんだ?」
 そんなもんですよねぇ。今じゃ考えられませんが、昔はメールの文章も一度えんぴつで紙に下書きしてました。今はむしろ紙の書類の下書きをコンピューターでやってますけど。

投稿: chew | 2004/12/27 01:16

>chewさん
>って、ロード中くらいしか見えないよ~(笑。
 わはは、そうなんですよね。パーセント指定を98%にしているので、少ししか見えません。この数字、変えようかなあ……。

>メールの文章も一度えんぴつで紙に下書きしてました。
 あ、なんか分かる気がします。
 推敲するときも、画面だけでは推敲しきれないんですよね。紙の上の文字を見ると、ガラっと印象が変わってしまいます。うーん、不思議だ。

投稿: リカ | 2004/12/27 08:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/2379662

この記事へのトラックバック一覧です: お正月バージョンにしてみました:

« 年末だってのに | トップページ | 有馬は大人の夢 »