« 女ひとり旅(パチスロじゃない) 3 | トップページ | オバサン、疲れちゃった。 »

2005/02/02

女ひとり旅(パチスロじゃない) 4

 こちらの記事の続きです。

 さてさて、飛び込みで温泉宿に泊まってやろうと、まずは一軒目に飛び込んだ私ですが。
 あえなく撃沈。
 もちろんフロントでごねる訳にもいかず、「分かりました……」ととぼとぼと宿を後にします。

 ケッ! 宿はオマエんとこだけじゃねーんだよー!

 と、負け惜しみを心の中で叫びながら、次の宿へ。

 「いらっしゃいませ~」
 「部屋は空いていますか?」
 「はい、何名様ですか?」
 「一人です」
 「えっ?」

 まったく同じやりとりです。当然のように断られました。満室ですってよ。

 という訳で、次の宿へ。
 しかし撃沈。
 次の宿へ。
 さらに撃沈。

 えーと……。

 そんなに自殺しそうに見えるんですかね? 女ひとり旅ってヤツは。
 ま、本当に満室の宿もあったかもしれませんがね。
 でもさー、土日ったって、連休でも何でもないんだよ? 駐車場も空きまくっているんだよー? 一人、というところに引っ掛かっているとしか思えません。
 つーか、なんか自殺しそうになってきてるんですが

 8軒ばかり回って、真剣に車中泊を考え始めました。車を停めるところを捜さないといけないかもしれません。
 温泉の方は、別に宿に泊まらなくとも明日になればどこかで入れるでしょうし。
 時刻はすでに8時前。もう外も暗くなってきました。お腹も空いてきました。

 で、最後に、とある旅館の前に車を横付けしました。
 ここがダメなら諦めよう……。そう思っていました。

 実はここは、最初に発見した宿なのですが、思わず素通りしてしまったのです。
 だって……。

 歴史を感じさせるたたずまいにビビっちゃって。

 しかしもう、選んでいる場合でもないので(あまりに高級そうなところも最初は避けていた)、ここに入ります。

 「いらっしゃいませ~」
 「あのー、部屋は空いていますか?」
 「はい、何名様ですか?」
 「一人です」
 「えっ?」

 戸惑う仲居さん。かなりアットホームな雰囲気でして、仲居さん同士で何やら話し合ったりしています。
 ああ、ここもやっぱりダメなのか……と絶望しかけていたその時。

 「どうした?」

 背後から男の人の声が。
 振り向くと、まるではっぴが身体の一部のようにお似合いなオジサマが入ってきたところでした。

 「あっ、社長~!」

 救いを求めるような仲居さんたちの声。

 「いえ、こちらのお客様が一人でお泊りになりたいと」
 「あっ、そう。泊まってもらって。端の部屋があるでしょ」

 社長ーーーー!!

 抱きつきそうでした。
 捨てる神あれば拾う神アリ。マジで後光が射しているような気がしました。

 なんとか宿発見。荷物を持って、チェックイン。
 通された部屋は10畳くらい。いわく付きじゃないですよね? 掛け軸の裏にお札とか貼ってませんよね? とか訊いてしまいそうでした。

 ああ、でもよかった。これで本当にくつろげるよ~!

 「お風呂に入られますか? その後、お食事をお持ちしましょうか」
 「あっ、はいっ。そうして下さい」

 どうでもいいこだわりですが……私、温泉宿に泊まったら、必ず三度は温泉に入ることにしています。
 食事前。食事後。で、朝。
 今日もそれをクリアしなければなりません。いやべつに、しなければならないわけではないけどさ。
 元を取らないと。貧乏性だから。

 という訳で、備え付けの浴衣を持って、私は温泉へ向かったのです。

 つづく。ま、これで一区切り。

|

« 女ひとり旅(パチスロじゃない) 3 | トップページ | オバサン、疲れちゃった。 »

コメント

ん~、まずはヨシヨシだにゃ
しか~し、リカっちのことだから大ど~んでんがえし…
なんてこともある?

一人旅なんていいなぁ。10代で結婚しちゃったから
楽しいことな~んにもしてなぁーい!
だから、結婚してからタノシムか?

早く続き続き!

投稿: よっち | 2005/02/03 08:14

うっしゃぁ~~~! お宿ゲ~ット!
一票入れた甲斐がありました。(関係ない?
いい社長でよかったですねぇ。っていうかいいタイミングでしたねぇ。
>つづく。ま、これで一区切り。
一区切りということでハプニング系は終了したかに見えますがさにあらずw

夜中に幽霊が出たと見た!(なんか楽しみが違う方向に・・・w

投稿: ボンバー | 2005/02/03 09:02

ふぅ・・・一日閲覧をサボったおかげで2話まとめて見れたって感じぃ?
しかし!しかし、まだ裏に蠢く影の陰謀が・・・!
はたして、ジャック・りか・バウアーの運命はっ!?

ピッ・ピッ・ピッ・ピッ・・・

投稿: takata | 2005/02/03 09:32

私も2話続けて読みました。
続けて読んだら、かなり充実感あり(^▽^*)ホクホック

悟空がスーパーサイヤ人2から「その上を越えてやる」とブウに言い放ったときの
『はやく!どうなるのか見せてくれぇ~~』のようにワクワクして
楽しみに待っている私。 ←ナガッ

いいなぁ~~こんな面白、おかしく書けて…。

私なら多分…
------------------------------------------------------------
~ダレンの1人旅~

N古屋を10時出発。


さぁ~~ダレンの1人旅も今日が最終日! ←はえぇ~よ!もう終わりかよ!(;`Д´)

無事、11時に帰宅。
旅での収支 -400円

それ、市バスの往復運賃だろ!!
------------------------------------------------------------
なんてつまらないものしかかけません…


早く続きが読みとうございます。

投稿: ダレン | 2005/02/03 13:28

>よっちさん
>ん~、まずはヨシヨシだにゃ
 実は割りと順調に旅は進行していました(笑)。あれだけ引っ張っといて(苦笑。

>大ど~んでんがえし…なんてこともある?
 うーん……ここから先は、困難を乗り越えるというよりも……えーと、アレだな、むにゃむにゃ。

>だから、結婚してからタノシムか?
 そうですよ~。ダーさんと楽しんで下さいねっ。
 ひとり旅も楽しかったですが、まあ独身時代でないとできないことでした。貴重な体験です。

>早く続き続き!
 ありがとうございます~♪ しかし、ここでひとまずは切ろうかと。てへ。


>ボンバーさん
>うっしゃぁ~~~! お宿ゲ~ット!
 もうほんと、そんな感じでしたよ。ガッツポーズです。
 ボンバーさん、大当たりです。おめでとうございます! ……って何も出なくてゴメン(汗。

>っていうかいいタイミングでしたねぇ。
 嘘みたいなタイミングでしょう? でも本当にこのタイミングで社長が現れたんですよ。神に見えましたね、マジで。

>夜中に幽霊が出たと見た!(なんか楽しみが違う方向に・・・w
 歴史を感じさせるたたずまいですから(笑)。何か出そうな雰囲気はありました。
 果たして夜を無事に過ごせたのか?! ……なんて、引っ張ってみたり(苦笑。


>takataさん
>しかし!しかし、まだ裏に蠢く影の陰謀が・・・!
 なっ、なんかすごいサスペンスちっく! 火サスもびっくりだあ!
 秘密結社(何の?)に命を狙われているに違いない。きっとそうだ。うんうん。

>ピッ・ピッ・ピッ・ピッ・・・
 「24」を見たくなってきたじゃないですか。ジャックって誰?! 一体どんな困難が彼に待ち受けているのっ?
 ヤバイ。寝不足の日々がついに始まってしまうのか?!

投稿: リカ | 2005/02/03 13:34

>ダレンさん
>続けて読んだら、かなり充実感あり(^▽^*)ホクホック
 おお、ありがとうございます~♪ 楽しみにしていただけて幸いですわっ。
 でも、ここまでダダダダ~っと書きましたが、一旦止めようかと(汗。

>いいなぁ~~こんな面白、おかしく書けて…。
 そっ、そうですか? そう言っていただけると嬉しいですわ♪ スロから解放された気分で書きました(苦笑。収支も面白おかしく書けたらよかったんですけどね~。

>~ダレンの1人旅~
>それ、市バスの往復運賃だろ!!
 わはは。笑っちまいました。むっちゃ面白おかしいじゃないですか(笑)。
 過酷なひとり旅。400円の大冒険。ダレンさんの運命やいかに?!

>早く続きが読みとうございます。
 ありがとうございます♪ 作者冥利につきますわ~。(←だんだん調子に乗ってきてる。

投稿: リカ | 2005/02/03 13:45

こんばんわ!ブログ村のmhimeです~。
ひ、一人旅をなさってるんですね!!?しぶっ!!
私も行ってみたいですわ~。あ、昔、一人で焼肉食べに行った事
あるんですけど、これも結構渋め?(^_^;)

とりあえず、泊まれて良かったですよね♪やっぱ旅館はアットホームが
いいですよね。温泉も2、3回は入りますねえ。気持ちがわかる。元とりたい。
礼儀第一ってならホテルでしょうが、私は小汚い旅館てゆうか小屋?みたいな
とこに泊まった時が一番印象的でした。風呂が…「共同温泉」??て書いて
あって、ドアのとこに「只今、男子入浴時間」とか札があって…。
で、入ってみたら…(゜〇゜;)普通の家の風呂やん!!青タイルの。
これに何十人かが入ってるのか…。女4人で着替えを持って行った
私らは、すごすごと半分ずつ入る事に。なんとか2人入れるのか、って状況
でした。これ、男だったら…なんかヤだな(^_^;)

では、続き楽しみにしてます~♪

投稿: mhime | 2005/02/03 19:55

 まさか、その旅館自体が存在しなくて、未知のゾーンに足を踏み入れてしまったわけですね!
 周りはみんな、この世の人ではないと・・・。
 実は陰陽師の血を受け継ぐリカさんが、その魔の巣窟に閉じ込められた人々を救う大スペクタクル!


 それとも、その旅館にひとりで入ると、行方不明になってしまう・・とか。リアル神隠し。
 暗躍するスパイ。ここに入館した人は、他国へ拉致され、二度と日本へは戻れない。もとMI6諜報部員のリカさんは監禁された人々を無事救い出すことができるのか!

 てなこと考えてたらハァハァです。

投稿: JPSC | 2005/02/03 20:52

>mhimeさん
 こんばんはっ♪ ようこそいらっしゃいました~!

>ひ、一人旅をなさってるんですね!!?しぶっ!!
 もう○年も前の話ですが、昨日のことのように思い出されます(遠い目。
 ほんっと、楽しかったですよ~。さすがに結婚してしまった今は、なかなか出掛けられませんけどね……しょぼーん。
 機会があったら、ぜひ出掛けられてはいかがでしょう。焼肉を食べる勇気があれば楽勝です。ええ、私も一人で焼肉を食ったことありますから。ふふふ、仲間ですねっ♪

>とりあえず、泊まれて良かったですよね♪
 ありがとうございます♪ ほんと、危ないところでした。あの時、社長がやってこなければ断られていたのではないかと思います。

>温泉も2、3回は入りますねえ。気持ちがわかる。元とりたい。
 ああ、よかったあ。仲間がいたあ。ほっ。

>私は小汚い旅館てゆうか小屋?みたいなとこに泊まった時が一番印象的でした。
 そこもある意味、歴史を感じさせますね(笑)。それは印象に残って仕方がなさそうですな~。お湯はちゃんと温泉なんでしょうけど、やっぱり温泉に行くと、足を伸ばしたいですよね~。

>では、続き楽しみにしてます~♪
 ありがとうございます♪ 嬉しいです~!
 今後とも、宜しくお願い申し上げます。ぺこー。


>JPSCさん
>未知のゾーンに足を踏み入れてしまったわけですね!
 なっ、なんかすごい話になってきてますよっ!
 そう……実は私は陰陽師の血を受け継ぐ女。私に近寄ると火傷するぜ(違っ。
 なぜJPSCさんにはバレてしまったのか……はっ。ナメック星の長老が全ての力を引き出したからですねっ?! むう、これは手強そうだ。

>てなこと考えてたらハァハァです。
 むっちゃ話が発展してきて、むしろ私がハァハァですわ(笑)。
 一本、小説書いてみますか。このネタで。
 出版されて印税がっぽがっぽの暁には、ぜひこの私に原作料をお願いします。

投稿: リカ | 2005/02/04 00:04

ちっ、宿見つかったのか・・・。

・・・・・はっ!!!!えっと、あれ??

いや~~~おめでとうございます!!!
無事に車中泊は食い止められましたねっ。
やっぱりねえ、最初っからそうじゃないかなあと思ってたんですよ~。
もう誰ですか、車で一泊なんてひどいこと書いたヤツは~(オマエだよ)。

さすがにひとりだと10畳の部屋は寂しいですねえ。
私だったら意味もなく端っこで体育座りしてしまいそうです(笑)。
私も温泉はふやけてシワシワになるまでつかりまくるタイプです!!!

よーし!今度はその温泉はお猿さんと混浴だったに一票!!!

投稿: しのぶ | 2005/02/04 00:39

>しのぶさん
>ちっ、宿見つかったのか・・・。
 見つけてしまいましたっ! いやっほう♪
 憎まれっ子世に……いやいやいやいや、日頃の行いがいいってことで(笑)。

>やっぱりねえ、最初っからそうじゃないかなあと思ってたんですよ~。
 そうでしょうとも、そうでしょうとも。そんなあ、車中泊だなんて、嫁入り前の娘がねえ、するわけないじゃないですかあ。はっはっは。
 …………。
 ……ほんと、危ないところでしたよ……。ふーっ、助かった。

>さすがにひとりだと10畳の部屋は寂しいですねえ。
 そうなんですよ~。一人だとムダに広いんですよね。
 寂しくなって、意味なく独り言を呟いたりしてました。それを見られたら、「間違いなく自殺だ」と思われたことでしょう(笑)。

>私も温泉はふやけてシワシワになるまでつかりまくるタイプです!!!
 そうですよね、そうですよねっ! 何種類もお湯があるとこだと、全部入ったりしませんか? もちろん私はします。えっへん。
 
>よーし!今度はその温泉はお猿さんと混浴だったに一票!!!
 これまたレアなところに賭けてきますね(笑)。どうでしょう~、うふん(謎笑。

投稿: リカ | 2005/02/04 01:04

人を引き付ける展開・・・なかなかですな。
続きが、楽しみですね。

投稿: マコト | 2005/02/05 15:37

>マコトさん
>続きが、楽しみですね。
 ありがとうございます~♪ そう言っていただけると、本当に励みになりますっ。
 ノンフィクションなので、そうそう面白い展開は待ち受けてはないですが(汗。
 がんばって書きますねっ。

投稿: リカ | 2005/02/05 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/2777949

この記事へのトラックバック一覧です: 女ひとり旅(パチスロじゃない) 4:

« 女ひとり旅(パチスロじゃない) 3 | トップページ | オバサン、疲れちゃった。 »