« 看板に偽りアリ | トップページ | 暴走モードを考えてみた »

2005/02/27

女ひとり旅(パチスロじゃない) 8

 急遽、夫が休日出勤になってしまい、家でぼ~っと過ごしているリカです、こんにちは。
 ということは、いつもと一緒、ってことですが。てへっ。

 でもまあ、ノベル大賞向けの作品が40枚まで進んだので、よかったよかった。今度こそ、余裕を持ちまくって投稿したいですもん。

 さて。

 こちらの記事の続きです。

 皆生温泉から境港へ向けて、車を走らせる私。
 目的地は、水木しげるロード。鬼太郎やらねずみ男やらのブロンズ像があるという噂のところです。

 迷うことなく、無事到着。
 さて。駐車場はどこでしょう。実は会社の上司に、駐車スポットをきいてきたのです。

 「普通の駐車場に停めちゃいけん。入ってすぐのところに無料の駐車場があるから、そこに停めーや」

 さすが、山陰出身者。上司が言った通りのところに無料駐車場がありました(○年前のことなので、今ではもうないかもしれません)。

 で、車を降りて探索。ええ、もちろん、カメラを携えています。
 すぐに目に付いたのは、街灯。もー、むちゃくちゃカワイイ!
 だって街灯が目玉おやじなんだもーん!(上記の境港リンクのトップページから、『水木しげるロード・ロード周辺スポット』をクリックすると、その街灯の画像があります)

 興奮気味に、シャッターを押す私。
 そして水木しげるロードに足を踏み入れます。

 印象は……フツーの商店街にブロンズ像が並びまくり、みたいな。
 でもね、なーんか興奮しちゃうんだよー。知っている妖怪の像を見つけては、なでなで。見つけては、なでなで。

 で、小さな橋のたもとに、いらっしゃいました。ええ、主人公が。鬼太郎です。

 カップルが鬼太郎の前で、お互いの写真を撮りあっています。
 そうだ、私も撮ってもらわねば……!

 「あのー、撮りましょうか?」 ← 先制攻撃
 「あっ、はい、お願いします~」

 仲良く並ぶカップル。で、パシャリ。

 「ありがとうございました~」
 「あっ、じゃあ私もお願いします~」

 カメラをそうして渡しましたが、女一人であることに多少ビビっていたことには、気付かないフリをします。
 一人で写真を撮られることが妙に恥ずかしいのは、昨日で確認済みですが、どーにも慣れません。
 しかし、そんなことを言っている場合でもないので、どんどんメインキャラクターの前で撮っていきます。

 ねずみ男がベンチでくつろいでいらっしゃったので(鬼太郎だったかもしんない)、その隣でもパチリ。
 鬼太郎は他にもいらっしゃったので、そこでもパチリ。

 で、何枚目かの写真を撮ってくれた、夫婦と思われる二人のうちの、オジサマの方がふいに言いました。

 「あんたぁ、広島から来たんじゃろ?」
 「えっ、あっ、はいっ、そうですけど?」
 「ああー、やっぱり。いやね、さっきワシらもあんたと同じ駐車場に停めたんじゃけど、広島ナンバーじゃったけー」
 「ああ、なるほど」
 「ワシらも広島からなんよ」
 「そうなんですか~」
 「一人で来たん?」
 「そうです」

 「なんか、失恋旅行みたいなねー。ははははは」
 「あはははは」
 「ははははは」

 なんだか、乾いた空気が流れ始めました。

 「あなた」

 オバサマがオジサマの腕をつつきます。何やらうっすらと勘付いた模様です。

 「いつまでもお邪魔しちゃダメよ」
 「おっ、そうか~、気を付けてね~」
 「はい、ありがとうございます~」

 ……ふう。

 おみやげなんかも、この商店街で購入。
 鬼太郎グッズ満載で、なかなかいいもの揃ってます。

 さてさて、満喫しました。
 というわけで、水木しげるロードを後にします。

 もっといてもいいんですが……なんせ、今日中に広島に帰りたいですから。

 で、広島へ向けて車を走らせます。
 途中、海岸沿いになにやら看板があるのが目に付きました。

 夫婦岩

 海に浮かぶ、二つの岩。ええ、確かに夫婦岩。間違いなく、夫婦岩(形状はご想像におまかせします)。
 その夫婦岩をじっと見つめる、金髪碧眼のおにーさん。

 ……一体、何を考えているのだろう。ニッポンの神秘に触れたのだろーか。

 そんなこんなで、境港を出ます。あとは広島へ帰るのみ。
 しかし、時間があれば、ちょこちょこ立ち寄りたいところもあります。このまままっすぐには帰れません。

 果たして私は、無事に広島へ帰れるのか?!

 つづく。……うあー、記憶が曖昧なところがあるなあー。

|

« 看板に偽りアリ | トップページ | 暴走モードを考えてみた »

コメント

水木しげるロード、テレビで観た記憶あり!

っていうか、妖怪可愛いっすか?

わたしとどっちが可愛いのよ?(←は?

そろそろ恐ろしい事件に巻き込まれてくれるんですよね? ね?

広島までの道中、ついに未知との遭遇ですか? もう、もったいぶりますねぇ。コノコノ!

投稿: JPSC | 2005/02/27 21:50

きたきたきた~~キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!!!

待ってましたよ、リカ先生! (* ̄▽ ̄)ノ
これこれ、読みたかったんだよなぁ~~
ぜひ週間としてもらいたいくらい。
日曜日が待ち遠しいぃ~~ってな感じでw

私もテレビで見たことあり!(上の人と一緒に) (←は?

夫婦岩・・・どんな形なんだっけか・・・
小さい頃に、、、そうあれは。。○年前のことだった・・・

をいっ!誰も聞きたくないわい!ヽ(`Д´ )ノ


夫婦岩・・・めおといわ・・・ HPで検索してこよっとw

来週も楽しみにしてますね。どうなるんだろう・・・無事たどりつけるのかなぁ~~ハァハァ

投稿: ダレン | 2005/02/27 22:59

>JPSCさん
 おお、お帰りなさいませ~。

>わたしとどっちが可愛いのよ?(←は?
 いやん、そんなの大きな声じゃ言えないわ。小さな声じゃ聞こえないけど。

>そろそろ恐ろしい事件に巻き込まれてくれるんですよね? ね?
 ま、ある意味、恐ろしいとも言えなくもないことが次回に待ち受けています。未知との遭遇とも言えなくもない。
 あれは怖かったなあ……(遠い目。

 とまあ、またしても出し惜しみしてみました(笑)。よかったら次回も宜しくです~。


>ダレンさん
>これこれ、読みたかったんだよなぁ~~
 ありがとうございますっ。そう言っていただけるとありがたいですわ。
 10日は間を空けないようにはしようと思っているんですけどね。ま、夫の仕事次第ですわ(笑)。
 つーか、そろそろ終わります。しかしたった二日の出来事をよくもまあここまで引っ張ったもんだ(汗。

>私もテレビで見たことあり!(上の人と一緒に) (←は?
 有名なんですね~。私は中国五県の人間だから知ってますけど、全国区とは。

>夫婦岩・・・めおといわ・・・ HPで検索してこよっとw
 おそらく、夫婦岩なる代物は、日本全国にたくさんあるのではないかと(笑)。
 私が見たのも、そんな観光名所って感じでもありませんでしたしね。なのに外国人のお兄ちゃんが一人で食い入るように見つめていたのが印象的でございました。

投稿: リカ | 2005/02/28 09:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/3099238

この記事へのトラックバック一覧です: 女ひとり旅(パチスロじゃない) 8:

« 看板に偽りアリ | トップページ | 暴走モードを考えてみた »