« 福井晴敏 『亡国のイージス』 | トップページ | 明日から »

2005/08/11

『亡国のイージス』を観てきました

 早速、映画を観にいっちゃいましたよ。

 昨日はレディースデーでして、お安くなるもので、これは行かねば! と。
 夫はレディーじゃないので、通常料金なんですけど。
 夫婦の日は22日なので、そこまで待てば、二人してお安く観ることができたんですけどね、そんなとこまで待っちゃいられないわけですよ! もう観たくて仕方ないわけですよ! どんな恐ろしいことになっているのか見届けたいわけですよ!

 んが、しかし。
 いい意味で期待を裏切られました。
 面白かったですよ! オドロキですよ! スタッフのみなさん、よく頑張りましたよ!

 先任伍長を真田さんが演じるということで、違和感ありまくりなんだろうなあ、と思っていたんですけどね。
 意外にすんなり受け入れられました。俳優さんてすごいな。
 中井貴一とかに演じられると、もうそれだけで飲み込まれちゃう。豪華メンバー、というのは伊達じゃないなって感じでした。

 ただ思ったのは……ジョンヒ、いらない。

 いや、「如月くんにチューしやがってー!」とかいう意味じゃないですよっ。ええ、ほんとです。ほんとですってば。
 だって、あんな喉の傷を唐突に見せられたって、訳が分からないだろうし。ジョンヒの凄まじい強さもいまひとつ表現しきれていないと思うし。女優さんが悪いって意味じゃないですよ。構成的に。
 分からないならスッパリ切った方がいいですよ。原作では重要なキャラクターですが、映画のストーリー上、必要ないでしょ。ジョンヒがいなくとも代替がきくな、というところが多かった。
 まあ、男くさくなるのを危惧したのかもしれませんが。
 それよりも、切れるところは切って、練りこんだ方がよかったと思います。つーか、もう充分に男くさいし。そこがいいわけだし。

 画像は迫力でしたね~。ちゃんと映画館に足を運んでよかった。
 ローレライと比べると……ローレライは異形の潜水艦だし、ローレライシステムなんつーものが出てくるから、CGに頼らざるをえなかったんでしょう。あれはあれで頑張ってた。
 でも、ぜんっぜん違ってた! さすが自衛隊全面協力!

 そんな訳で、楽しんで参りました!
 いやー、よかったよかった。

 あ、ちなみに私は特に映画ファンってわけではないので、「分かってないなあ~」とか思われるかもしれませんが、そこは許してちょ。

|

« 福井晴敏 『亡国のイージス』 | トップページ | 明日から »

コメント

リカさん、こんにちは!
やっぱり映画館で観るのっていいですよね!
迫力が違います。大音量でも近所の人に文句言われたりしないし。
ちなみに、原作を読んで映画を観るってしたことないんですよ。
その逆はあるんですけど・・・。

それと、ブログに訪問してくださってありがとうございます。
コメントまで残して頂いて、とっても嬉しかったです♪

投稿: yuki | 2005/08/11 12:06

『亡国のイージス』面白かったですか?
映画館で予告見たときから気になってたんですよね。
ま、その時見たのが電車男ってことなんですがね(毛色違いすぎ?^^;)

本を読んで映画見たくなったり、映画見て原作読みたくなったり。
必ずしも面白さが増幅されるとは限らないですが、楽しみ方はいろいろあった方が得した気分ですよね。

私も見に行こうかなぁ。。。

投稿: りのあ☆彡 | 2005/08/12 08:11

ほほぉ。さっそく鑑賞してきましたな。

原作先行だったら辛口になるのかと思いきや評価いいじゃないですか!
やっぱ映像にしょぼさが無かったから、変なところで興ざめすることがなくてさらりと見ることが出来ましたよね。

ジョンヒの役どころは映画ではかなり中途半端でしたね。確かになくてもいいぐらいの役になってた。
絵的にむさくるしい艦内に花をそえる必要があったんでしょう・・・けど、ぜんぜん花になってなかったですもんね。どうせならローレライぐらい萌えるキャラを適度な肌の露出de・・・以下自粛(汗)

22日も旦那をひっぱって何か見に行ってくださいな(笑)

投稿: dodo | 2005/08/12 09:05

おお!これは素早い行動力!!!
やっぱりこういう映画は、大画面で見るのが最高ですねっ。

「うらかぜ」が撃沈される場面とか、すっごいゾクゾクしちゃいました(笑)。
やっぱりイージス艦が主役になってる、かわぐちかいじ作「JIPANG」では
ハープーン・ミサイルは「サジタリウス(射手座)の矢」なんて比喩されてたけど
本当に一撃必殺なんだなーと、またまた変なところで感動してしまいました。
あ!返す返すも、自衛隊マニアじゃありません(笑)。

全体的に、あれもこれも盛り込もうとして
かえって分かりにくくしちゃってる部分があったから
逆に、小説とは切り離して真田広之フィーチャーの純アクション映画にしちゃったら
それはそれで良かったのかなという気もしましたけど。
たけどやっぱり、ものすごく臨場感のある(なんたってリアルイージスですもんね)
良い映画でしたよねっ。

うん、確かにジョンヒはちょっとかわいそうでした。
単なる「色を添えた」だけの存在になっちゃってたし
如月くんにチューするためだけに(笑)艦に乗ってきたみたいで
いたずらに如月ファン&勝地ファンを逆上させただけのような(笑)。
あれだったらジョンヒの存在はバッサリ切っても良かったですね~。

今回の映画では、若手とベテランの実力と年季の差みたいなもんが
まざまざと見えた気がしますね~。
如月役の勝地くんもがんばっていたけど
真田さんの相手役は、やっぱりつらかったような気がしました。

でね、どうでもいいことかも知れないけど
今回の映画化にあたって私が一番疑問に思ったのが、
なんで宮津は艦長じゃなく副長になってたのか?ってことなんです。
映画では艦長ってチラッとしか出てこないしソッコウで殺されてたし。
宮津を副長にした意味って何なんでしょう???

あっ!TB送らせていただきま~す。

投稿: しのぶ | 2005/08/12 11:21

★ yukiさん
>やっぱり映画館で観るのっていいですよね!
 そうですね。私は滅多に映画館に行かないので、たまに見ると「おお~」って思ってしまいます。
 それでもやっぱり、よっぽど気が向かないと腰が上がらないんですよね~。出不精なんです。待ちきれなかった、というのは人生初かもしれません(笑)。

>ブログに訪問してくださってありがとうございます。
 yukiさんがブログ開設なさったと聞いたらそりゃ行きますよ~。
 更新は大変でしょうが、頑張ってください。


★ りのあ☆彡さん
>『亡国のイージス』面白かったですか?
 個人的には良作だと思いますね。原作をあそこまでまとめて仕上げたスタッフの方々には頭が下がります。
 前半はかなり詰め込まれた感じがしますが、後半は素晴らしく迫力ありますよ~。

>楽しみ方はいろいろあった方が得した気分ですよね。
 そうですね。原作が小説であれマンガであれ、どうしても「原作の方が良かった」という風になりがちですけど(汗。逆もまたしかり。別作品として作ってしまった方がいいような気もします。

>私も見に行こうかなぁ。。。
 自衛隊全面協力だけあって、迫力画像ですから、映画館で見るのはオススメですよ。よかったら、ぜひ。


★ dodoさん
>ほほぉ。さっそく鑑賞してきましたな。
 ええ、もう待ちきれず(笑)。「妖怪大戦争が見たいな~」という夫の意見は即刻却下して行ってきました。

>原作先行だったら辛口になるのかと思いきや評価いいじゃないですか!
 そうなんですよね~。原作を読み終わった瞬間、「こりゃ絶対映画では無理だ!」と思ったんですけどね、意外や意外、いい出来だったと思います。よくぞあそこまでまとめました、と褒めてあげたいです。
 あとはやっぱ、自衛隊全面協力のおかげですかね(笑)。

>ぜんぜん花になってなかったですもんね。
 捨て切れなかったんでしょうね、スタッフも。あまりに男くさいから(笑)。
 でもねぇ、原作でも別に、花って訳じゃないんですよ。パウラは海を自由に行き交う人魚姫みたいな華がありましたけど……ジョンヒは、メデューサみたいな怖さがありましてね。魔性の女というか何というか……。
 水中チューも映画じゃ訳ワカメでしょ? 夫も原作を読んでいないので、ちょっと誤解してましたもん。
 パウラーのdodoさん(笑)には、確実に萌えられないキャラですわ。
 
>何か見に行ってくださいな(笑)
 観にいくとしたら、おそらく夫の強い希望で、「妖怪大戦争」になるでしょう(笑)。

 あ、こちらからもトラバさせてもらいますね♪


★ しのぶさん
>おお!これは素早い行動力!!!
 待ちきれなかったんですよ~。盆休みは動けないから、それまでに、と思いまして。
 観終わってしみじみと思いますが、ほんと、ああいうアクション映画は映画館の方がいいですね!

>「うらかぜ」が撃沈される場面とか、すっごいゾクゾクしちゃいました(笑)。
 ああ、ちょっと分かります(笑)。あの映画でのまともな戦闘シーン(?)て他になかったですよね。あとは船内だったし。結果は原作で知っているんですけど、ドキドキしましたよ。

>ハープーン・ミサイルは「サジタリウス(射手座)の矢」なんて比喩されてたけど
 「JIPANG」は読んだことありませんけど、それ、いい比喩ですね~。
 原作を読んだ限りでは、ハープーンって、いまひとつ脳に浮かんできていなかったんですが、「こんなのだったんだ!」って感動しました(笑)。

>あ!返す返すも、自衛隊マニアじゃありません(笑)。
 ええ、分かってます、分かってますよ。大丈夫ですよっ、マニアでも!(←をいをい)

>小説とは切り離して真田広之フィーチャーの純アクション映画にしちゃったら
 そうですよね、私もそう思います。あれを全部詰め込むのは最初から無理だと分かっているんだから、この際、別作品と考えて作っても構わなかったような気がするんですよね。よくまとまっていただけに、あとちょっと、さらに切り取った方がよかったと残念に思いましたよ。
 その最たるものが、私にとってジョンヒだったんですよね。船内唯一の女性だったから、どうしても残したかったんですかね~。
 あっ、私は逆上してませんよ、いくら如月ファンでも(笑)。
 でもまあ、気になったのはそれくらいで、いい映画だったと思います。観終わった後も、なかなか興奮が醒めませんでしたもん。

>若手とベテランの実力と年季の差みたいなもんがまざまざと見えた気がしますね~。
 うんうん。ベテラン組の演技がすさまじかっただけに、勝地くんはともかく……菊政役とか、あのへんが、どうも(汗。あの初々しさがかえってよかったのかもしれませんが。

>なんで宮津は艦長じゃなく副長になってたのか?ってことなんです。
 ほんと、なんででしょうかね?
 艦長であったなら、寺尾さんの「許せ」というセリフにももっと重みが出たような気がするんですよね。
 時間短縮のため……なのかなあ?
 あるいは、艦長を殺させることによって、「こんなに本気なんだ」というのが、一発で観客に分かるようにしたのかもしれません。ついでに、如月くんに疑惑の目が向けられる、というのもありますし。
 うーん、これくらいしか考えられないなあ……。なんででしょうね?

 こちらからもトラバさせてもらっちゃいますね♪

投稿: リカ | 2005/08/13 00:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/5404606

この記事へのトラックバック一覧です: 『亡国のイージス』を観てきました:

» 亡国のイージス ★★★★☆ [Spice up !]
土曜日に見てきたんですけど、今年公開された福井晴敏3部作の中では一番好きですね。結局今回も原作を読まずに映画先行だったわけですけど、おそらく2時間ちょいの映画の枠で原作のメッセージを詰め込むのは無理だったんだろうなぁ〜ってのは見てて解りました。ローレライ... [続きを読む]

受信: 2005/08/12 09:07

» 亡国のイージス観たよ~ [SHINOblog]
「終戦のローレライ」に続き、公開初日に観てきました!! そしてまたしても! ローレライと同じくオチが [続きを読む]

受信: 2005/08/12 11:28

» aegis [『寸胴鍋の秘密』]
8年ぶりか。映画館で映画を見てきた。「亡国のイージス」。公開中の映画「亡国のイージス」(阪本順治監督)が観客動員100万人、興行収入13億円を突破したことが17日、分かった。配給元の日本ヘラルド映画が発表した。先月30日に封切られ、公開18日目での記録。観客の中心... [続きを読む]

受信: 2005/08/21 21:45

« 福井晴敏 『亡国のイージス』 | トップページ | 明日から »