« 10月になったねぇ | トップページ | 友桐 夏 『白い花の舞い散る時間』 »

2005/10/02

『NANA』を観てきました

 映画の日ってことで何か観てやろうとは思っていたんですが、ここはやっぱり『NANA』でしょ~。
 なんせ私、ネカフェで『NANA』を読みつつ号泣した女ですから!
 原作、むっちゃ面白いっすよ!

 しかしどうやら、夫は乗り気でない様子。
 「だって、少女漫画でしょ~?」
 うーん、まあ、どっちかというと、レディースコミックになるんじゃないかと思うけどね。
 「大丈夫、男の人も読んでたりするらしいから!」

 dodoさんのところのエントリーにもありましたが、やはり男の人が観るのはツライのかな?
 いやっ、しかし、私が観たいし!

 というわけで、夫をひきずって観にいきました。
 映画が始まる前、予告編やら何やら流れている最中、夫が寝息をたてていたときにはどうしようかと思っていましたけどね。

 終わった後、夫が言いました。

 「これ、面白いね! マンガも読んでみようかな」

 なんかね、バンドマンの血が騒ぐみたいですよ。分かる分かる。
 ライブシーンなんか、ぞくっと来るよね。

 つーか、我が夫、ハチにフォーリンラヴ状態に入ってました。
 かわいい、かわいいってずっと言ってましたよ。

 で、涙腺がゆるいので有名な私ですが(いつ有名に?)、エンドロールでも泣きました
 恐るべし、『NANA』。

 でもやっぱ、「てめぇの男だろ!」ってシーンは、ホントに泣ける。
 あそこは、二人のNANAの恋愛に対する姿勢の象徴だもんね。本当に重要なシーン。いやあ、よかったわ~。

 最初は、「イメージと違うなー」とか(特にシンちゃん)、「なんだこの演技」とか、思わないでもなかったですが。
 終わってみれば、意外に大満足でした。

|

« 10月になったねぇ | トップページ | 友桐 夏 『白い花の舞い散る時間』 »

コメント

これ夫人が見たいって言ってました。
旦那さんが楽しめたなら、一緒に行ってみようかな?
僕も旦那さんと同じこと言って、見に行くの渋ってます。

投稿: うぃず | 2005/10/02 18:28

これわたしも見たい。
なんか面白そう。

つうか、最近邦画よくみるんですよ。泣けるやつをね。

投稿: JPSC | 2005/10/02 21:06

TB有難うございましたー!

>夫が寝息をたてていた

これツボでした!
あんな短い間に寝るなよと(笑)

旦那さんはハチにフォーリンラブでしたか。。。
たしかに可愛いけど明らかに面倒くさそうで敬遠する男性が多そうですけどねぇ。

エンドロールで泣けたとは恐るべし!
普通に写真が入れ替わるだけでしたよね(笑)

投稿: dodo | 2005/10/03 00:45

NANAを観に行こう!って言われると、ちょっと引くかな?(あんま見たくないし)

逆に、「クロ高観に行くべ!」って言うと、女の人は引くんでしょうねぇ。(笑)

何気にクロマティ高校を観に行きたいのだが、誘い手が居ネェなぁ。(笑)

投稿: かちゃ | 2005/10/03 01:07

★ うぃずさん
>僕も旦那さんと同じこと言って、見に行くの渋ってます。
 気持ちは非常によく分かりますが(笑)、マンガ自体にも男性ファンがついているような話ですから、大丈夫ですよ。
 まあ、ベタベタなところもありますが(汗。
 ぜひ夫人を連れていってあげてください。


★ JPSCさん
>泣けるやつをね。
 この映画が泣けるかどうかと言われれば、そうでもないと思います。
 私は泣きましたけど。テレビCMの時点で泣いてましたから。原作を読んでいたからでしょうね。


★ dodoさん
>あんな短い間に寝るなよと(笑)
 すごいでしょ(笑)。彼は妻夫木くんの映画にはまったく興味がなさそうです。

>明らかに面倒くさそうで敬遠する男性が多そうですけどねぇ。
 確かに、「疲れる女」でしょうねぇ。夫はどっちかというと、ルックスに興味を引かれたようですが(笑)。
 でもハチが、自然に「大丈夫? 手当てしなきゃ」と立ち上がったとこは、きゅんとしたらしいです(苦笑)。
 ちなみに、ハチは原作ではモテモテなんですよ~。

>普通に写真が入れ替わるだけでしたよね(笑)
 写真が入れ替わるというか、主題歌フルコーラスのライブシーンでした。もー、ぞくっとしちゃって泣けて泣けて(汗。


★ かちゃさん
>ちょっと引くかな?(あんま見たくないし)
 ここのところ、色々と夫に不祥事(?)がありましたので、ムリヤリ連れていくのに成功したんですよね~。

>「クロ高観に行くべ!」って言うと、女の人は引くんでしょうねぇ。(笑)
 そうかな? 少年漫画は女性も読むじゃないですか。少女漫画は男性はあまり読まないけど。
 クロ高なら大丈夫なんじゃないですかね。

投稿: リカ | 2005/10/03 13:25

遅れカキコですんません…^^ゞ
男ながら、『NANA』について少し語らせて下さい。

実は、俺も号泣とはいかないまでも、原作を読んでホロリときてしまった一人です(汗)
最初の方は、レディースコミックの域を越えてない感じだったんですが、
ハチの話が急展開してからの原作は、明らかに域を越えてるんですよ。
映画ではソコまで話が進んでないので、詳細を語る事が出来ませんが、
ハチは勿論、他のキャラクターそれぞれの描写が繊細なんですよ。
その奥深い描写に感心する事しきりです。要するに画が上手いってだけじゃないトコですよ。

長々と書いてしまって申し訳ないです…^^ゞ
でも、興味ある人は是非原作を読んでみて欲しいですねぇ。

あと映画ですが、旦那さんのおっしゃる通り、ハチはカワイ過ぎです(惚)
・・・ただ、いくつか気になる事を上げるとすると、
次回作は、レンがダイエットをしてくれてるか(爆)というのと、
章司はともかく(笑)、シンちゃんは次もあれで良いんだろうかという事かな?(苦笑)

投稿: このぴ~ | 2005/10/04 18:17

おお^^
ちょうどリカさんが、映画見て泣いてる頃、
時を同じくして私は薄暗い漫喫で苦労しながら
原作読んでました(笑)
全巻読めてないけど、映画行く前に読破したいな~♪

我が家は男ばっかですけど、
なぜか全員観たいって言ってますよ(笑)

投稿: りのあ☆彡 | 2005/10/04 23:03

★ このぴ~さん
>男ながら、『NANA』について少し語らせて下さい。
 おお、このぴ~さん! ええ、遅れても男性でもどんどん語ってくださいよ~。むしろ、語り合いたい。うん。

>その奥深い描写に感心する事しきりです。
 男性でも、ほろりときちゃうんですね。なんとなく、ほっ。
 リアルであって、リアルでないってところもNANAの魅力の一つでもありますよね。登場人物たちが、作り物でない感じがするんです。
 作者の都合に合わせて彼らは動いていない、って感じ。
 もしかしたら、ナナとレンの話だけがメインだったら、めっきり暗いだけの話に終始したのかもしれない、と思うんですけど、その周りの人々(ハチも含めて)との接点とか交流とか、そういったものが、輝きを与えているような気がします。

 ちなみにコレ、テレビからの受け売りなんですが、彼女らの衣装(マンガの方)、着回しとかしているんですって。ちゃんと登場人物のクローゼットが作者の頭の中にあるってことですよね。そんなところも細やかとは。すごい。

 ほんと、映画を観て興味を持った方には、ぜひ原作を読んでもらいたいですよねっ。

>旦那さんのおっしゃる通り、ハチはカワイ過ぎです(惚)
 ここにも、ハチスマイルにきゅんとした人が(笑)。
 レンのダイエットはねえ……なんつーか、もう、必須ですよね(笑)。バンドマンにありがちな、ルパンもびっくりな体型になっていただきたい。
 シンちゃんは……あれはやっぱり……あまりにも違う~。他は許せても、シンちゃんだけはどうにも……ねぇ。ジャニーズジュニアあたりにぴったりな人がいそうな気がするんですけど。


★ りのあ☆彡さん
>私は薄暗い漫喫で苦労しながら原作読んでました(笑)
 そうそう、私もネカフェでしたけど、苦労しました。嗚咽が隣の人に聞かれそうで(汗。

>全巻読めてないけど、映画行く前に読破したいな~♪
 ぜひぜひ♪ かなり原作に近くなるように作りこんでいるようですよ。小道具とか、細部に至るまで。そういうところも見所ですっ。

>なぜか全員観たいって言ってますよ(笑)
 恐るべし、『NANA』。やっぱ顧客層が広いな~。

投稿: リカ | 2005/10/05 17:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/6212476

この記事へのトラックバック一覧です: 『NANA』を観てきました:

» 第75話「酸っぱい思い出」 [ナイト山田のたまに行くならこんな店]
 朝、ふと読売新聞を見ると、「アルスラーン戦記」(田中芳樹著)の第11巻が出ると [続きを読む]

受信: 2005/10/02 18:11

» NANA ★★★☆☆ [Spice up !]
見てしまいましたこの映画。 ちなみにワタシは原作の知識一切無しで、いち映画ファンとして劇場に足を運んだ訳ですが、、、 映画が始まってしばらく経ってからひしひしと思い知らされました。この映画はオサーンがアホ面さげて見に来る映画じゃないということを(苦笑) ... [続きを読む]

受信: 2005/10/03 00:40

« 10月になったねぇ | トップページ | 友桐 夏 『白い花の舞い散る時間』 »