« 三千万あったら | トップページ | 会長ですから »

2005/10/21

壁井ユカコ 『キーリⅦ 幽谷の風は吠きながら』

 11ヶ月ぶりですって。

キーリ 7
キーリ 7
posted with 簡単リンクくん at 2005.10.21
壁井 ユカコ〔著〕
メディアワークス (2005.8)
通常24時間以内に発送します。

 11ヶ月ぶりってんで、謝っちゃってますよ、あとがきで。
 いいのいいの、気にしない。そんなもん、アルスラーン戦記に比べたら。

 かなり佳境に近付いてきたなー、と思ってたら。
 どうやら次のエピソードで終了する予定のようです。

 どう決着がつくのか見てみたいような。
 でもまだまだ続いて欲しいような。
 複雑。

本当に永遠に終らないものなんかなかった--。 (オビより)

 ってことなので、仕方ないですね。
 ああ、複雑。

|

« 三千万あったら | トップページ | 会長ですから »

コメント

こんばんわ。いつも楽しく拝見しています。

連載を終わらせるとき、作者もいろんな思いがあるんでしょうが、
読者も終わりの気配を感じ取った当たりから緊張したりしますよね。

何を期待したらいいんだろう?とか、余計な考えをめぐらせてしまったりします。
特に長く続いたものほどそう。
・・・私だけですかね?

投稿: 葉月 | 2005/10/22 23:54

★ 葉月さん
 はじめまして。ようこそお越しくださいました! 拙ブログですのに、いつも見てくださるとのこと、ありがとうございます。

>緊張したりしますよね。
 しますよね。一冊完結のものでしたら残りページ数から終わりを感じながら読めますけど、シリーズものだと緊張してきますよね。

>・・・私だけですかね?
 思い入れのある作品であれば、そういうことはあると思いますよ。
 虚構の世界であるはずなのに、その世界を感じてしまっているんですね、きっと。
 作者冥利につきることでしょうね。

 コメント、どうもありがとうございました!

投稿: リカ | 2005/10/23 01:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/6499499

この記事へのトラックバック一覧です: 壁井ユカコ 『キーリⅦ 幽谷の風は吠きながら』:

« 三千万あったら | トップページ | 会長ですから »