« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

海堂 尊 『チーム・バチスタの栄光』

 はいっ、今月も素敵にマイナス収支なわけですが、最後のあがきをムリにするのはヤメました。

 というのも、先週末から夫が出張だったので、何冊かまとめて本を読むことを優先させたのです。
 夫は別に、読書に反対する人でもないし、小説を書くことにも協力的なのですが。

 「ねー、俺のメガネ、どこいった?」
 「タバコがなくなったー」
 「新しい靴下どこー?」
 「ケータイがどこにあるか分からん」

 ……目の前にあんだろが!

 ホント男ってヤツは、冷蔵庫の中のバターが発見できない人種ですことよ。
 って訳で、集中して読めるこの機会を逃す手はないって思いまして。本を読むときってトリップしちゃうから、返事もできなくなっちゃいますしね。

 ま、今日には帰ってくるので、時間によっては悪あがきしに行くでしょう。

チーム・バチスタの栄光
海堂 尊著
宝島社 (2006.2)
通常24時間以内に発送します。

 読んだうちの一冊がこれです。
 満場一致で「このミス」大賞、だとかいう話だったので、わくわくしながら読み始めました。

 この作者、現役のお医者さんなんですって。
 現役ならではのリアリティがウリだって。

 えーと。リアリティがあるのかどうか分かりません。
 だってそんな知識、皆無だもん(開き直りコメント)。
 もちろん、リアリティ抜群なんでしょう。現役だからこそ分かる知識や雰囲気が、おそらく文中に溢れていると思われます。
 なので、医療関係にお勤めの方に読んでもらって、その感想を聞いてみたい。
 「あー、そうそう! そうなんだよねー」というその表情を眺めてみたい。ヘン?

 ミステリーとして楽しめたかどうかと言われると、何とも言えません。
 本人がテレビに出て仰っていましたが、「トリックだけを先に思いついた」。
 ……トリック……トリックか……。
 ものすごいのを想像してしまった私が悪いのか……。多少、期待はずれの感があったことは否めません。

 ただ、確かに、キャラクターが強烈で面白い。
 読み始めはムダと思われる改行が気になったりしていましたが、後半になるにつれ、そんな些細なことは気にならなくなりました。
 あのキャラクターは、強烈すぎて、忘れようにも忘れられないくらいです。

 ところで。
 作者はこの話を、時間がぽっかり空いたときに二週間で書き上げたんだそうで。
 さらに。
 「このミス」の特別奨励賞、12歳(応募当時)ですって。

 天与の稟質ってものは、やっぱり存在するのかなあ、とかそんなことを考えてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/02/27

お久しぶり

 で、ゴルフは?
 まさか、アンタ…。

 と思っていた方々、大正解。
 ええ、サボりまくってました。えへっ。

 時間ができたので久々に来ていますが…。
 そりゃあヒドイもんですよ。

 一からやり直しですなあ。ふう。060227_1449.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/25

再び、一人流川

 急遽、夫が出張になったので、再び一人流川を決行中(許可はもらったよっ)。

 今夜の晩ご飯は、ひらめの刺身、小いわしの天ぷら、ししゃも。
 …って、魚ばっかになってる!

 不覚。060225_2033.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/02/23

そりゃ、会長ですもん

 夫がですね、よさそうな巨人を打ってまして。
 ちょっと様子を見にいったら、こんなこと言うんですよ。

 「スイカかベル引いて!」

 なんかよく分からんが……ムチャ言うなよ。
 とか思いつつ、レバーを叩いたら、そのゲームでベル。

 「ヒキがいいね~」

 とか何とか言われ、そのまま夫の台を見ていましたら、特訓に入ったんです。
 しかしなかなかリプレイがこない。
 すると夫が私に言いました。

 「リプ連させて!」

 ……また。そんなムチャ言うなって。
 で、レバー叩いたら、そこからリプ三連。
 (なぜか特訓中のリプ三連で確定すると思っていたので、それで満足して次は叩かなかった)

 「おお、やるね~。ヒキ、絶好調じゃん」

 とか言われて夫が打つのを横で見てましたら、次のゲームで左リールに白7二連が下に止まったんですよ。

 「アツいっ。ベルはずれろ!」

 てなことを言ったかと思うんですけど。

 「は? 三連で確定じゃないの?」
 「ウウン、確定じゃないよ」

 私は巨人を知らないから、よく分からないんですけど。
 中リール中段にずどーんと白7とまってテンパイですよ。二確になるのかしらね。

 「よっし、来い!」

 願いを込めて夫が止めた右リール。

 黒いの止まりました。      

 「さ……さすが……。やっぱバケか……」

 うっせえ!
 ああそうさ。やっぱバケだよ。だから巨人は最初から打たないことにしてるんだよ。バケばっかになるに決まってるからな!

 ああそうさ。今日もバケだよ。
 番長の670Gハマリ台があったから、「さすがに二日連続天井バケ単はないだろう」とか思ったらなあ。
 1213Gでバケ単発だったんだよ! すげえだろ!

 自分のヒキと、前の人のヒキに、乾杯。

 
● 昨日の収支
   投資 20,000  回収 0  収支 20,000

※ デジャヴ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006/02/22

あのときもつらかった

 番長でね、680Gハマリの台があったもんでね。
 ちょっと打ってみるか、と着席してみたんです。

 そしたら。
 1231Gでバケ単発

 …………。

 あ、なんか思い出してきたぞ。

 昔のことなんですけど。
 前に猪木自身を打ったときのことなんですけど。

 1231Gでバケくらいました。
 前兆に入ったから、揃えたのは1235Gとかだったかと記憶しているんですけどね。
 なぜ、あとほんの数ゲーム、待ってくれなかったのか……。

 そんなこと思い出して、ちょっぴり切なくなっちゃった。


● 昨日の収支
   投資 20,000  回収 0  収支 20,000

※ 案の定。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/17

連敗脱出

 性懲りもなくアラジン打ってみたんですけどね。
 いや、いい加減、私の人生における単チェ確率を収束させてぇ~、と思いましてね。
 ま、オカルト全開なんですけどね。

 しかし! 今回は早めにきてくれたんですよ!
 よしよし、確率は必ず収束するものだからな!

 これが連チャンしてくれまして。うっはうはですよ。

 そしたら。スーパーアラチャンの曲が!

06-02-17_10-47

 うお~。これが『空』ってヤツですか!
 画像ではかなーり分かりにくいですけどね、雲の上を飛んでいるんですよ。

 んで、ボーナス終わったあとも、満面の笑みで消化してたんですよ。

 すると。
 いきなり画面がノイズ一面に。

 ……バグ?!

 いや、すみません。マジでそう思いました。ほら、ファイヤードリフトだか何だかであったじゃん、ノイズのバグが。アレだアレだって、本気で思ったんですよ。
 ホラ、自分には無縁だと思ってましたから、プレミア演出なんざ興味なかったし。

06-02-17_10-22

 そしたらドット演出になりまして。
 液晶が五分割されてまして、それぞれでなつかしの演出をやっているんですよね。
 で、最後に、『H』って並びました。

 『H』って……ナニ?! ヒット?!

 ああ、無欲ってスバラシイ。

 結局、23連しました。
 B12・R11でございました。
 まあ、BR比率はアレですが。でも最後はバケ5連、その前も最後になるにつれバケが多くなってきたところを見ると、ストック切れの可能性もありますな~。
 ええ、バケラッタ会長のヒキを発揮したわけではないのです。
 ……ってことにします。

 幸せ♪


● 昨日の収支
   投資 7,000  回収 78,000  収支 71,000

※ 波が荒ぇ~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/16

やっぱり引けません

 バレンタインには、チョコケーキを買ってきたリカです、こんにちは。
 話題、遅っ!
 近くのケーキ屋さんでは、ケーサブールが有名なんだけど……私はジョリーフィスが大好き♪ ウマ! 激ウマ!
 ローカルな話題ですんません。

 で、夫がこう言いました。
 「別にバレンタインだからって、チョコケーキじゃなくてもいいんじゃない? 俺、白い生クリーム好きだしっ」
 そして私。
 「私はチョコが大好きだ」
 「あ、そう……」
 「ウン」

 ええ、自分のために買いましたが?
 だって甘いものが大好きなんだもん♪ 自分の身体に蓄積させるほどに。

 ……え、スロ? なに、スロの話? あったかなあ……。あったかもなあ……。

 あ、そうそう。うろ覚えだけど、あったかも。
 なんだったかなあ、アレ、アレだよ。ラクダ出るヤツ。

 ま、今日は短く。

 単チェ、引けません。
 ええ、一回も。一回も引けませんでした。

 やれやれ。
 思い出したくもないわあ。

 チョコでも食うか。
 

● 昨日の収支
   投資 16,000  回収 0  収支 16,000

※ やってられっか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/02/15

東野圭吾 『容疑者Xの献身』

 一気に繋がる。

容疑者Xの献身
東野 圭吾著
文芸春秋 (2005.8)
通常24時間以内に発送します。

 ちょっと前に読んでいたんですけどね、どう紹介していいものやら悩んでいて。
 それで、今でもやっぱりどうしたらいいのか分からないんですけど。

 もー、何を書いてもネタバレになるような気がする!
 これはネタバレ厳禁の話です。まあ、ミステリならどれでもネタバレ厳禁っちゃ厳禁なんですが。

男がどこまで深く女を愛せるのか。どれほど大きな犠牲を払えるのか--。(オビより)

 読んでいて、どうにもオビの言葉に違和感を覚えていました。
 なんかおかしいな? 紹介文は少し違うんじゃないかな? って。

 それがね……もう、ね……。ああ、ダメ、言っちゃダメー!

 面白いので思わず読み急いでしまいますが、じっくり読むことをオススメします。
 ラストを読む前に、一呼吸、一呼吸。絶対ね。

 しっかし上手いな、東野圭吾。
 どう上手いのかも言えないのだな~。もどかしい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/02/11

最低でも五千円で2回

 これ、パチンコしか打っていなかった頃から考えていたんですけどね。

 遊戯台と言うからには、対価としてふさわしい演出を出せ! と思うわけですよ。
 五千円入れてもノーマルリーチしかかからないってのは、どうなのよ? と思うわけですよ。

 私の感覚では、最低でも五千円で2回、「おおっ?」と思えるようなスーパーリーチを見せて欲しい。
 そりゃ当たれば嬉しいですが、当たらなくても、「当たるかも?」と思えることが楽しいわけじゃないですか。
 期待度の低いノーマルリーチを見てがっかりするために、五千円を支払っているんじゃないんだよっ! くそうっ。

 高確率演出に一度も入らないで、当たる気がまったくしない連続演出に入っても、やっぱり当たらなくて32G間、希望を失って打ち続けるとか。
 チャンス目を一度も出せないまま「シェー!」とか言われるとか。
 500G間、一度も単チェリーが引けないとか。

 もー、ちっとも面白くないんだよー!
 とにかくもっとドキドキできる機会を増やしてくださいよ、メーカーさん!


● 昨日の収支
   投資 41,000  回収 0  収支 41,000

※ うっうっうっ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/02/09

どっちがどっちか

 さっき、コメント欄を書いていて、どっちがレイでどっちがトキか分からなくなったリカです、こんにちは。
 えと、青い人がレイってことで、話を進めます。

 昨日、北斗を打っていたらですね。スイカで高確率に上がったらしくてですね。
 ああ、2チェ! 2チェ! って思いながら打っていたわけですよ。

 ジャ、ジャン! って出てきたのは。
 「わたしもついていきます」

 あー、マミヤね。はいはい、どーぞ。
 するとちびっ子が、「先に行ってるね」って去っていったわけですよ。
 キレイなお姉さんと二人きりですわ。

 すると、「シャオッ!」とか何とか言って、レイが出てきたんですね。
 ええ、ラオウステージです。

 これが1Gで死兆星。
 1Gなら、いちいちステチェンすんなっつーの。

 そしたら、また、ジャ、ジャン! っていうからさ。赤いの! 赤いので! ってお願いしたら。
 「わたしもついていきます」

 あー、またですか。はいはい、どーぞ。
 で、またしても二人きりですよ。

 すると、またまた「シャオッ!」って、ヤツがやってきたわけですよ。
 もちろん、ラオウステージですわ。

 これまた、1Gで死兆星。
 なんだなんだ、嫌がらせか?!
 そうか、マミヤとケンを二人きりにしたくないわけだな、このレイって人は! そのためだけに、ラオウステージにつれていくんだな、そうなんだな?!

 そしたらね、そのあとね、なーんもなくってね。
 マミヤも去っていって、ちびっ子が入れ替わったりして、レイとケンの二人きりになったわけですよ。

 シンステージでずーっとレイとケンの二人きり。

 ああ……そっちか。
 ごめん、気付かなかったよ。レイ。


● 昨日の収支
   投資 14,000  回収 0  収支 14,000

※ やっぱりマイナススタート。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006/02/05

おひさまのにおい(50枚)

 先日記事にした、「第5回 新潮社 女による女のためのR-18文学賞」の一次通過作品です。
 つまりは、最終には残れなかった作品でございます。

 今になって読み返してみれば、色々と気になる文章もありますし、「ずいぶん安っぽいな」とか思ったりもしますが。
 でもまあ、戒めと思って、あえて投稿時のままの文章を載せます。
 あ、一箇所だけ誤字……っつーか、ダブリがありましたので、それだけ直しました。つーか、どうして気付かなかったんだ、私。バカバカ。
 ま、そんなことで落ちたとは、さすがの私も思いませんが。

 前回同様、この作品は「女による女のためのR-18文学賞」のために書いたものですので、性描写が含まれています。
 男性の方、性描写が苦手な方、18歳未満の方は、この下のリンクをクリックしないようお願い申し上げます。

 ご親切にも拙作を読んでくださった方。
 もしよろしければ感想、批評など寄せてくださいますと、非常に嬉しく思います。
 もしも途中で読めなくなってしまった場合でも、どこで目が止まってしまったのか教えてくださるとありがたいです。

 ただし、いつの間にやらリンク先のライブドアブログではコメント欄の字数制限ができたらしく、長文は一度に送信できません。こちらの方のコメント欄を使った方が、便利がいいかと思われます。
 

 では宜しくお願い申し上げます。ぺこー。

 おひさまのにおい(原稿用紙換算枚数50枚)

 ところで、私、最終の作品に全て目を通しました。
 やっぱり道はまだまだ遠いですわ……。やれやれ。

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2006/02/02

1月最終日

 完全に魂のぬけがらと化していた私ですが、少しずつ元気になりつつあります。

 が。
 気分転換に、とやってみた番長のゲームでバケ単くらいました。
 むなしさ倍増です。

 そんな中、月末恒例の最後のあがきに行ってまいりました。
 アップが多少遅れましたけど、1月末日の話です。

 ま、フツーに吉宗バケ単くらったんですけど。
 投資が少なかったのでよかったっちゃ、よかったんですけど。

 もうほんと、打ちたい台がないよ……ってことで、おそ松くんと戯れてみることにしました。
 680ハマリ台。確か、天井が浅いとか、夫が言っていたよーな……。

 「夫~。おそ松くん、打ってもいい? 680ハマリ」
 「うーん、いいけど。ベルの小Vもチャンス目だから、気をつけてね」
 「了解~」

 と、分かったフリをして打ち始めます。

 なるほど、なるほど。スベりで小役揃わず……そしてボーナス放出せず。これがチャンス目か。
 ああ、来た来た。ベル小V。うん、見逃しそうだなあ。
 ははーん。ほほーう。

 …………。

 ボーナス来ませんが? ナニがどうなったらボーナス放出すんの?

 「夫~」
 「ナニ?」
 「1200Gで確定でたよ……」
 「あー、天井だね」

 やっぱり。

 しかしその後、早めにボーナスを放出してくれました。
 そうこうしているうちに、おそ松チャンス突入! これが噂のおそ松チャンスですか!

 ……どーだったかなー……。夫が何か前に言っていたよーな……。
 おそ松チャンスに入っても、ボーナス放出するとは限らなかった……かな? どうだったかなあ。

 しかし順調に放出。ラッキーなのかな? とか思いつつ。
 そして。

 「ミーの勝ちざんす!」

 あー、こうなると放出確定なのかもなあ。よく分からんが。

 とか思いながら打ってましたら。

 「おっ、おそ松チャンスに入ってるじゃん」
 夫がニヤけながらやってきましたよ。
 「どう? 六人つかまえた?」
 「ウン。ミーの勝ちざんすって言った」
 一瞬、夫がカタマリました。
 「はっ? つかまえた?!」
 「……うん、つかまえたよ……? 初っ端のベルで三人つかまえて、次のゲームでチェリー引いたら六人つかまえた」
 「わー! 今すぐぶん回せ!」

 時刻は既に9時。慌ててぶん回しに入りました。

 「おそ松チャンスは確定じゃないって言ってなかった?」
 「それ、巨人の話じゃないの?」

 あー、そうかも。

 とにかく、そこからぶん回して、なんとか全て取り切りました。

 最後の最後に、逆転でプラス領域へ。

 「ほんま、シロートのヒキには敵わん」
 と、夫が言ってました。

 
● 1/31の収支
   投資 26,000  回収 70,000  収支 44,000

※ 年間総合収支の方にもあげました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »