« 月末だったわ | トップページ | 設定師ー! »

2006/06/03

『ダ・ヴィンチ・コード』を観てきました

 こちらの記事で、原作本を読みましたよー、ということを書いたのですが。
 そんなわけで、映画の方も観てきました。

 ところで。事前にラジオで、広島で活躍している某天才アナウンサーが言っていたんですよ。

 「ダ・ヴィンチ・コードって言うから、ダ・ヴィンチが残した暗号を解いていく物語かと思っていて、その先入観を持ったまま見たら、訳がわからなくなった」

 なるほど。そうかも。

 というわけで、夫にも読むように言っていたのですが、結局、読まずじまい。
 さて、どうなる? と思っていましたが、夫は「映画の内容? 分かったよ」と言ってマシタ。

 でも、やっぱり原作本を読んでから観たほうがいいかもしれない。
 かなり、かっとばしてますよ、あれ。
 最初のソニエールの死体についても、あれじゃ、あんまり意味ないっぽいじゃないの。
 もし原作を大事にするならば……映画よりもテレビシリーズにした方がよさそう。原作はもっともっと謎解きが多かったですからね。アナグラムにしても、一つの文章に何個も意味を持たせてあるのが、すごいのになあ。テレビシリーズでじっくり謎解きをした方が面白いような気がします。
 ……いや、単発の映画の方がいいか……。バチカンを敵に回して続けられないかな……。

 でも、(ネタバレを含むので、読まれる方は反転をお願いします↓)
 ラスト、逆さピラミッドを上から見て、カメラ視点が地下までもぐっていくシーンは猛感激しましたね。あれは、映画ならではの迫力でした。
 あれを見れただけでも、映画を観てよかったと思いましたよ。

 ところで、SHINOblogさんのところのこの記事
 このFlash、すごいですよ!

 原作本を読んだ方は、「金星が八年周期で黄道上に五芒星(ペンタクル)を描く」という記述に驚いたのではないでしょうか。
 実は私も驚きました。
 そして真偽の程を知りたいと、検索をかけてみたんですけどね。どれもこれも、「ダ・ヴィンチ・コードに書いてあった」という記事ばかりなんですよ。
 で、そのままにしてました。えへ。それ以上調べるのはめんどっちかったもので(をい。

 しかしSHINOblogさんはこれを正確にわかりやすく説明してくれています。一見の価値ありでございます。

 で。
 映画を観にいったのは、昨日のことなのですが。
 それなら、前日の映画の日に観にいけよって話ですわね。でも、行けなかったんだよう。
 空いていたからヨシとしよう。人ごみが嫌いだし。ううううう。もったいない。

|

« 月末だったわ | トップページ | 設定師ー! »

コメント

『ダ・ヴィンチ・コード』観てきたのですね。

敬虔なカトリック信者ではないので

私も観てみたいと思っていましたが、

そうですか・・・やはり本を読んだほうがいいと・・・。

3分で寝てしまうしな~(汗)

投稿: りのあ☆彡 | 2006/06/04 15:25

★ りのあ☆彡さん
>やはり本を読んだほうがいいと・・・。
 原作本を読んだ身と致しましては、やはり読んだ方がいいと思います。
 でも、皆が皆読んでから鑑賞しているわけではないし、読まずに映画を観た感想は私には永遠に分からないわけでして(笑)、読まなくても充分に面白いかもしれないですよ。
 ちなみに映画の方は、ビミョーに、バチカンに気を遣っている雰囲気が漂っていました(笑)。それでも怒られちゃったわけですが(汗。

投稿: リカ | 2006/06/04 21:38

相変わらずTBできず・・・あははは・・・。
映画はねえ、やっぱりローレライにしてもこれにしても
原作を読んだ方が絶対話が分かりやすいと思うんですよね~。
きっと、リカさんの夫さんも、話の骨子は分かったとしても
リカさんのように「ああ、あそこがあれか!」みたいな
深い楽しみ方はできなかったんじゃないかしら。

私は文庫本の未だに中巻なので、映画はDVD待ちになっちゃいそうですが、
それでも必ず観る予定ではいます。
そんな訳で、これからどのようにヴァチカンが冒涜されていく(笑)のか、
私はまだ楽しみにしている段階ですが、
これが単なる客寄せのための演出ではなく、本当にダン・ブラウン本人の主張だとしたら
これは大した勇気というか、ヘタするとちょっとした偉業になりそうですね~。

映画そのものも気になるけど、トム・ハンクスがいつからフサフサな髪になったのか
そしてあれは地毛なのかも気になるので(爆)。

投稿: しのぶ | 2006/06/05 22:55

てかマジでかっ飛ばしすぎでしたね(汗)

アナグラムにしろ、鏡文字にしろ、クリプテックスにしろ、細かいところは小説には勝てませんでしたね。

>ダ・ヴィンチが残した暗号を解いていく物語かと思っていて

これホントにそう。
特に最初の頃の予告(モナリザの超拡大映像で絵の具の峡谷を飛ぶヤツね)見てると嫌がおうにもそんな期待をすると思う。。。

投稿: dodo | 2006/06/06 01:51

★ しのぶさん
>相変わらずTBできず・・・あははは・・・。
 うーん、なんででしょうね……。私もまた送ってみます。一体何がご不満なんでしょうね、ココログさんは(涙。

>話が分かりやすいと思うんですよね~。
 やっぱりそうですよねぇ。私は読まずに見ていないから、もしかしたらそれはそれで面白いのかも? しれないですが、ダ・ヴィンチは特に、端折ってますからね……。ローレライの端折りっぷりも確かにすばらしかったですよね(笑)。
 映画ラストのシラスの行動にしても、クリスチャンならではなのだと、特に日本人は分かりにくいと思うんですよね~。そういったことなどを補完するためにも、しのぶさんと同じく、先に読んだ方がいい、と思います。

>それでも必ず観る予定ではいます。
 もしかしたら、DVDの方が正解かも。なんせ、英語の字幕とフランス語の字幕と、読むのが忙しいですから(笑)。映画は容赦なく進んでいきますもの(汗。

>ヘタするとちょっとした偉業になりそうですね~。
 なんか盗作疑惑が問題になってましたが(汗、読んだ印象では、ダン・ブラウン自身は「間違いないっ!」と思っているよーな。映画はちょっと遠慮気味でしたけど(笑)。
 キリストが人間だ、というだけで信者にはカチンとくるわけですが、その上にバチカンが……おっといけない、これ以上は(笑)。

>そしてあれは地毛なのかも気になるので(爆)。
 ぶはっ(笑)! ぶはははは(腹よじれ)! 地毛って主張なさってますけどね、気になりますよねっ。
 しかし、よくこの仕事を請けたもんだ、と思います。なんか宗教的に問題ありそうな映画ですから(汗。

投稿: リカ | 2006/06/06 07:24

★ dodoさん
>かっ飛ばしすぎでしたね(汗)
 ええ……ほんとに……(涙。
 映画の上映時間を考えると仕方ないのでしょうが……原作はあの精密さが魅力なのになあ。

>アナグラムにしろ、鏡文字にしろ、クリプテックスにしろ
 そうそう、それらが、さーっと流されちゃったのは哀しかったですよね。クリプテックスが1個になるのは予想がついたとはいえ(涙。「お祖父さんは天才だ!」って一緒になって言えなかったヨ……。
 ただ、映像ならでは、という演出をしてくれたことは嬉しかったですね。ラストはもとより、文字が浮き上がる画像とかは、なるほど分かりやすい、と思いましたもん。

>これホントにそう。
 天才横山アナ(笑)の言うとおりでございましたか。
 その最初の頃の予告……覚えていないんです(汗。
 しかも件のモナリザ、せっかく本物使ってたのに(ですよね?)、ちょっとしか出てないし(笑)。

投稿: リカ | 2006/06/06 07:44

いった~~~っ!!!!
TBって送れて普通だったような気がしたのに、なんかものすごく嬉しいよ~~っ(涙)。

>>なんか盗作疑惑が問題になってましたが(汗

えっ!マジですか???
んまあ、こういう小説に盗作疑惑はつきものだし
ある意味ハクが付くってものかも知れませんね・・・。

で、実は私も、現代の殺人事件とダ・ヴィンチが残した暗号とどう繋がるのか、ってのが
一番気になるところだったんですが、とんだ勘違いだったようで
ちょっぴり「あ、そうだったの・・・」と思ってもみました(笑)。
まあ、それでも面白いですけどね~。

投稿: しのぶ | 2006/06/06 12:00

★ しのぶさん
>なんかものすごく嬉しいよ~~っ(涙)。
 分かります分かります! それ、すっごく共感です! 私もPC前で思わず「いったーーーっ!」って叫んじゃいましたもん(笑)。

>マジですか???
 マジなんです。聖杯伝説とかマグダラのマリアあたりの話を争っていたんだと思うんですが。でも、ダン・ブラウン側が勝ったハズです。
 でもまあ、お互い、話題になってよかったんじゃないですかね(笑)。確かに、ハクがついたのかもしれません。いや、むしろ、ハクづけだったり? オトナの世界の話なのかしら……(汗。

>まあ、それでも面白いですけどね~。
 そうですよね。そう言われると、確かにあのタイトルは間違っていますよね。まあ面白いところをピンポイントで表しているといえばいえるのかなあ。
 「ソニエール・コード」……うーん、売れなさそうだ(笑)。

投稿: リカ | 2006/06/07 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/10371303

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダ・ヴィンチ・コード』を観てきました:

» 金星が8年周期で [SHINOblog]
小説家って、単に良い文章書けば良いってだけじゃなく、いろんな知識が必要じゃないですか。 登場人物が特 [続きを読む]

受信: 2006/06/06 11:51

« 月末だったわ | トップページ | 設定師ー! »