« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006/07/31

バケラッタ

 やっとこR-18文学賞用の原稿が10枚に到達しましたリカです、こんにちは。
 ああ、ロマン大賞も控えているのに~。とっとと書き上げないと間に合わないよ~。

 毎度毎度の愚痴を言ったところで。
 はい、スロ日記です。(←だから打ちに行くなって)

 どーしても秘宝伝で出したかったので、朝から秘宝伝に座ります。
 ところで今「ひほうでん」を変換したら、「悲報伝」って出た。

 言いえて妙。

 さて、秘宝伝はどうだったかと言いますと。
 朝一発目のチャンス目から高確率に上がり、さくっと解除。しかもビッグ。

 おおっ? どーよこれ、どーよ!

 ビッグ7・バケ1 と、比率にも恵まれ、うっはうは。
 さらにはさっくりと怪しげな札が刺さります。

 そうでしょう、そうでしょうとも! ビッグ中のハズレも少ないし! やたら高確率に入るし!
 やっちゃった、私、やっちゃった?! あはははは!
 しかもこのビッグ比率の高さはどうよ。生まれかわったの、私ってば!

 …………。

 あっという間に、ビッグ8・バケ11に逆転。

 そんな確率だけあっさり収束しやがってー!
 浮かれすぎでした。ゴメンナサイ。
 全くコインが増えません。つーか、減ってます。

 その後もなかなかビッグが揃わず。
 ビッグ18・バケ28 となり。

 いやいや、これ、高設定だから! 大丈夫、大丈夫よー!

 と思った途端に。
 チャンス目から高確率に全く上がらなくなり、まさかの天井到達

 バケ後だったので……思わず追いかけました……。

 疲れ果てたので、そこで夫にバトンタッチ。家に帰ります。
 しかし夫も天井到達したらしく。ギブアップ。

 一応、ビッグは20回に到達したそうな。まあ、それだけは、よかった……。

 しかし。
 勝ったのに、負けた気分なのはなんでだ。


● 昨日の収支
   投資 2,000  回収 27,000  収支 25,000

※ 疲れた……。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/07/28

ゲームに挑戦中

 スロに行っていた夫から、電話がありました。

 「今ね、北斗SE打ってるんだー。三本で、きたよー」

 何をわざわざ。そんなことで電話かよ。自慢か、そりゃ。
 とか思っていましたら。

 「それがね」
 「ウン」
 「単発だったよ……。なんで? 初打ちから、いきなり、なんでっ? 今回は継続がいいんじゃなかったっ?」

 魂の叫びだったらしいです。お気の毒なことです。
 ますますSE、打ちたくなくなってきたなー……。

 で、私は何をしているかといいますと。
 ドラクエやってます。

 ええ、ゲームは苦手なんですよ。
 最初のマリオじゃ次のステージに進めなかったし。バイオハザードじゃ、開始五秒で死んだし。

 しかしそんな私にも、一つだけクリアしたゲームがあります。
 ファイナルファンタジーの、どれか。どれかは分かんない。スコールって人が出てきたヤツ。友人に貸してもらったので、手元にないから確認できませんのよ。
 あの美しい画像を見たいがために、分厚い攻略本を買って、全くその通りにクリアしました。
 そのおかげで、最後はレベルがすごいことになっていました。

 それでもう満足だったので、二度とRPGをすることはないだろうと思っていたのですが。
 夫が毎日のようにやっているのを見ていると……なんか、私にも出来るんじゃね? ってな気になってきまして。
 私は全然分からないのに、色々夫が説明してくるので、分かったような気分になったし。
 とりあえず、MPが何かは理解してから開始しました。

 んで、ゲームの説明書を読みながら、ちらっとやってみたんですよ。
 そしたら。

 あっという間に、やくそうがなくなって死んじゃった。

 ……めげないぞ。

 ってことで、おもむろにリセットボタンを押してやり直し。
 どうやら道なりに進まなくてもいいらしいと気付きまして。レベルを上げれば簡単に倒せるんだなー、とか。(FFは多分、こっちのレベルに合わせて強くなるんじゃなかったかなー……)

 そんな超初心者っぷりを発揮しつつ、なんとか進んでいます。

 先日やっと、斧スキルを上げた人には斧を持たせるもんなんだ、と気付きました。

 今は、パルミドを探してさんざんさまよい歩き、やっと発見できたところです。
 頑張ってクリアします。(←大丈夫かよ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/26

短いよ

 昨日の番長。

 二台で、バケ 9個。

 以上。


● 昨日の収支
   投資 23,000  回収 0  収支 23,000

※ 会長ですから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/07/22

一十三嬢と武尊

 夫と「俺の空」について話をしていたときのこと。

 「ホラ、あの子、えーと、イトミ嬢ってさあ」

 と私が言ったとたん、夫が驚いたような顔をしました。

 「ちょ……ちょっと待て。今、何て言った?」
 「ん? イトミ嬢?」
 「イ?」
 「イ」
 「違う! あれは、ヒトミって読むの!」

 なんですってー!

 「マジで? あー、なるほどー」
 「普通、ヒトミって読まない?」
 「どうだろう。大体、俺の空って読んだことないし」
 「……じゃあ、あのサングラスの男の名前、何て読んでる?」
 「ああ、黒い絵柄の? あれでタケルとか読むんじゃないの?」
 「あれ、苗字だから」

 なんですってー!

 いやはや、勘違いしてました。

 「今度、黒いので揃えてみ? ひっくい声で『ビッグボーナース』って言ってくれて面白いよ」
 「ほほう、わかった」

 えーと。
 名前がちゃんと読めなかった。だからですか?
 俺タイムに4回入ってくれたのに、どれもボーナス解除してくれなかったのは。
 惜しくもなかったよ。ちくしょー。
 ちゅーわけで、黒いの揃えられず。

 んが。

 「俺なんか、引き戻しにつぐ引き戻しで俺タイムが9回きたけど……全部スルーしたよ……」
 「そ……そう……」

 読めても読めなくても。
 単なるヒキの問題でした。


● 昨日の収支
   投資 17,000  回収 0  収支 17,000

※ 引き弱夫婦。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/07/18

スイカが憎い

 ホールに行ってみたら、当然のように吉宗がいらした場所には秘法伝。
 そんなわけで、秘法伝を打つことに。

 もちろん勉強してないので、夫のレクチャーを受けつつ、色々と予想しながら楽しもうとしてみました

 チャンス目から高確率突入。
 そして「チャンスなのか?」「否!」「熱すぎなのか?」「否!」「てっぱーん!」と叫ばれたので、鉄板でございました。うひひひひ。

 が、バケ
 しかし、頑張って打ちます。

 その後、高確率から全く解除しなかったり。つーか10Gで解除なんかムリ! ムリムリ!
 いきなりチャンス目から高確率にならなくなったり。
 なんつーか、イライラする台だな、これは。

 「みてみて~♪」と女の子が言うのだが……。
 スベれどもスベれども、スイカなんだよ!
 通常時はともかく、高確率中だってスイカなんだよ!
 っかー! このスイカ、憎くなってきた

 しかしその後もなんとか頑張って、ボーナス6発放出。

 ビッグ1・バケ5 だけどなっ。

 プリプリしている私に夫が言いました。
 「秘法伝は、バケ放出率が高い台だから」
 「ほほーう。じゃあ秘法伝は、ビッグとバケの比率が 1:5 とでも?」 

 と憎まれ口を叩いてギブアップ。嫁、人でなし。

 さらに俺の空とナナカフェを打つも、どうにもならず。

 くそー。やっぱおとなしく小説書こ。


● 昨日の収支
   投資 27,000  回収 0  収支 27,000

※ 早速、ヤル気なくなってきた。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/07/15

またまたR-18文学賞

 なにやら新潮社のHPが更新されていますな。
 またまたR-18文学賞の季節がやってきたようです。

 で、今回から審査員がお一人加わる模様。

 そして今年から、選考委員の山本文緒さん、角田光代さんに、新たに唯川恵さんが加わって下さることになりました!

 おお、全員、直木賞作家やん!

 ……と、思うでしょう。ええ、それはその通り。

 しかし私としては。
 おお、全員、コバルトノベル大賞でコバルトデビューした人やん!
 とまあ、こっちの方が気になります。てへ。

 ということで、読んでもらえるように(最終選考に残らなければ読んではいただけないのよ。とほー)、また頑張ります。
 最終の心配より、一次通過の心配しろって話ですが。フッ……。
 パターン的に、そろそろ箸にも棒にも引っかからないハズの順番なのよね(なんのことやら)。

 ひとつだけ書きたい話があるんだけど、全く手付かずだし。
 それ以外には、これっぽっちもストーリーが思い浮かばないし。

 そんなこんなで、またしてもグダグダですが、ぼちぼち始めようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/07/14

このまま忘れたほうが

 なんとかノベル大賞用の原稿を郵送いたしまして。
 さあ、更新するぞ~、と思ってアクセスしてみたら。

 まさかのココログメンテナンス。

 私が休んでいる間にしてくれよー、とか「俺がルールブック」なことをほざいてみる。

 でっ。
 吉宗は私がお休みしている間にどうなってしまったの? とp-worldで調べてみたら。
 近所のホールは全滅。
 ちょっと足を伸ばせばまだ設置しているところもあるようですが……。
 このまま殿のことは忘れたほうが身のためのような気が。

 さらば、殿!
 なくなる前にビッグ中純ハズレを引けてよかった!
 それ以上に、天井バケ単引きまくったけど!

 ところで私が原稿を焦りまくって書いていたとき、夫は何をしていたかというと。
 ま、一人でスロったりもしていましたが。

 今は、ドラクエに夢中。

 ドラクエⅧが出たときに、ゲームショップに連れていかれたんですけどね。
 「うっわ、高っ! 安くなるまで待ちんさいや!」
 と、ゲームに全く興味がない嫁に吐き捨てられ、泣く泣く我慢していたみたいです。
 二千円以下になっていたので、ようやく購入を許されたんですねー。
 というわけで、喜び勇んでやってますけども。
 よくもまあ攻略本なしで、さくさく進めるもんだわ。

 しかしまー、なんつーか。
 人様のお宅に入り込んで、樽とか壷とか破壊しまくった上に箪笥を開けまくりですよ、この人。
 初対面の人にも平気で立ち入ったこと訊いているし。
 てか、なんでナメック星人がいるんですか。

 という疑問は抱いちゃイケナイんですね、きっと。

 ちなみに夫は今、女の子に踊り子の衣装を着せて喜んでいます。
 がんばれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/07/10

間に合ったー!

間に合ったー!

ただいま郵便局におります。
んで、ノベル大賞の原稿を今から投稿しまっす。

ちなみに、ノベル大賞は、7月10日締切り、当日消印有効。

当日の消印ゲットだぜ!

どは〜。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »