« ついに来た | トップページ | R-18文学賞のクリック投票 »

2007/02/06

『硫黄島からの手紙』を観てきました

 ここのところ、またしてもトラックバックスパムが凄いんですけど!
 見つけた瞬間に削除&アク禁ですけどね、もう追いつかないくらい。
 ったくもー!

 さて。
 昨日、「硫黄島からの手紙」を観てまいりました。

 いやもう、ずーっと観たかったんですけどね。
 夫の説得に時間がかかりまして。
 戦争ものとか、重い話が嫌いなのよね、うちの夫は。映画館で観るなんてとんでもない! って感じで。
 でもやっと、引っ張り出すことに成功しました。
 ああ、まだやっててよかった!

 そんな話だし、ここのところ映画を観ては号泣しているので、また泣いちゃうかなあ、と思っていたんですが。
 意外なことに、全く涙は出てきませんでした。
 そんな感傷に浸っているヒマはない! ってことなのかな。

 襲ってくるのは、恐怖感、虚無感。
 観ているのが辛いくらいでした。

 もしも言われなければ、これは日本人が作った映画だと思うでしょうね。
 もちろん、迫力ある画像は、ハリウッドならではのものでしたが。
 
 うーん……この映画に関しては、とても自分の言葉では語れません。陳腐な言葉しか出てこないと思う。
 とにかく、観るべし! それだけかなあ。
 心にダイレクトに響くから。

 「父親たちの星条旗」の方も、いずれDVDででも観たいと思います。

|

« ついに来た | トップページ | R-18文学賞のクリック投票 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/13809622

この記事へのトラックバック一覧です: 『硫黄島からの手紙』を観てきました:

« ついに来た | トップページ | R-18文学賞のクリック投票 »