« 『硫黄島からの手紙』を観てきました | トップページ | 矢崎在美 『クリスマスのぶたぶた』 »

2007/02/08

R-18文学賞のクリック投票

 R-18文学賞の最終候補作品が発表されましたね。

 なんかまだモヤモヤしているらしく、未だ、次の作品に取り掛かることができていないのですが、とりあえずはこれらの作品を読んで軽く打ちのめされた後、クリック投票にも参加したいと思います。

 次も出来れば参加したいし。
 何か参考になればいいなと思います。
 もちろん最終候補作ですから、参考になる作品ばかりでしょうが、こっちが拾い上げられるかどうかなのよね~。くっすん。

 クリック投票も女性限定となっております。
 女性で興味のある方は、参加されてみてはいかがでしょうか。

|

« 『硫黄島からの手紙』を観てきました | トップページ | 矢崎在美 『クリスマスのぶたぶた』 »

コメント

書きたくないときには無理に書く必要もないんじゃないかな。まあプロになったらそんなことは言ってられませんが(w。

>クリック投票も女性限定となっております。

あら。じゃあワタクシも参加しなくちゃ。最近のパソコンは使ってる人が女性かどうかもわかるのかしらね。

投稿: chew | 2007/02/09 02:00

★ chewさん
>無理に書く必要もないんじゃないかな。
 まあ、そうなんですけどね~。時間的に、ちょっと焦っているというか……過去に何年も無駄にした経験があるもので(涙。

>女性かどうかもわかるのかしらね。
 もしかしたら新潮社はそんなものを開発しているのかも……?! なんちて。
 でもわざわざ赤字で「女性限定」って書いてありましたからね。やっぱり公平さを気にしているのではないかと思います。

投稿: リカ | 2007/02/09 09:55

昨日、今日とで読み終えまして投票してしまったりしまりた。
年齢を参考に聞かれるのねww
まぁ、確かにその影響は大きいかなとは思いますもんね。
あと○年若かったらこっちのがクルかもしれないとか。

モヤモヤするのも大事な過程だと思いますので、
心行くまでモヤモヤしてくださいww
その後きっとスイッチ入りますから。

投稿: りのあ☆彡 | 2007/02/14 00:31

リカさんお久しぶりです。もっと早く連絡をとろうと思いつつ、
体調が悪く今になってしまいました。
R-18、最終残れないという結果に終わってしまいました。
これに懲りず来年(もう今年ですね)も応募しようと思っています。
ところで、リカさんは今年コバルト応募しますか?
宝石新人賞も一次を通過できなかったわたしは、今最大の落ち込みにまみれています。ううっ。

投稿: ハギー | 2007/02/14 16:08

★ りのあ☆彡さん
>投票してしまったりしまりた。
 おお、早速投票したのですね。
 私はここのところ、なんだかバタバタし始めてしまって、まだ読みきっていません……。まあまだ時間はあるか。
 年齢は、ターゲット層とかもついでに意識しているのかもしれないですね。

>きっとスイッチ入りますから。
 ありがとうございます。
 どこかで区切りをつけて、自分でスイッチ入れないと、何年でもダラダラできる人間なので(笑)、早めに復活できるように頑張りたいです。


★ ハギーさん
 おお、お久しぶりです。
 体調が優れないようですね……。でも、耐えたあとには、大きな幸せがやってくるんですよねっ。頑張って!

>来年(もう今年ですね)も応募しようと思っています。
 そうでしたか、残念でしたね……。もしかしたら、この中にあるかもしれないと思いながら読んでいたんですが……。
 私も来年も参戦するつもりです。一緒に頑張りましょうねっ!
 次回は一次に残りたいー!
 コバルトも、ノベルの方は参戦するつもりです。未だ、全く何にも思いついてないんですけど(汗。

>今最大の落ち込みにまみれています。ううっ。
 分かりますよ! その気持ち、誰よりもよーく分かります~! 最近ホント、一次も通らなくなったこの私が一番分かります!(号泣)
 中途半端に落ち込むと浮上が難しいので、この際、とことんどんよりしちゃいましょう(笑)。それで、一緒に浮上しましょうねー!

投稿: リカ | 2007/02/15 11:12

遅ればせながら、私も受賞作品を読んできました。
うーん、さすが1位あたりは、アマチュア作品とは思えない完成度ですねえ(汗)。
このジャンルの小説ってあまり読んだことがないし
ストーリーも好みがあるので、投票はしなかったんですが
若い人向けの今時のライトノベルでありながら
文体がしっかりしてるんで読みやすいですね。

で、あまり関係ないことなんですが、
まあ趣味で投稿する人は別として、プロを目指して小説を書く場合に、
それ用のスクールとかセミナーとかに通う人ってあまりいないもんなんですかね?
「しゃばけ」とか書いた畠山恵さんて、確か有名な作家のスクールの生徒だったんですよね。
(ああ、名前が思い出せない・・・)

投稿: しのぶ | 2007/02/18 15:08

★ しのぶさん
>私も受賞作品を読んできました。
 おおうっ、しのぶさんも読まれたんですね。早いですねっ。
 実は……私はまだ読んでないです(汗。何作かは読んだんですけど……。
 だってアルスラーンが出てたから読まなくちゃ~! というのは言い訳で、どーにも色んな感情が邪魔しているんじゃないかと思います(思うというのは、一応自分では、読む気になっているハズだと思っているからなんですが)……情けない、ホントに。心から。こんなに時間が経ったのに。
 ところで、ライトノベルっぽいのが入っていましたか。うーむ。どうなんだろう、読まねば。ほんと、読まねば~!(焦)

>アマチュア作品とは思えない完成度ですねえ(汗)。
 私の知っている作家志望者の中でも、「どうしてこの人がまだデビューできていないんだろう?」って人が、何人かいます。読ませてもらっても、本当にアマチュア作品とは思えない出来なんですよね。
 きっと、そんな人の中の一人なんですね、その方も。
 デビュー直結の賞なので、このたびめでたくデビューするのかも。

>確か有名な作家のスクールの生徒だったんですよね。
 都筑道夫スクールのことでしょうか。って、知っていたわけではないですが(汗。
 作家志望者が集まるサイトなんかでは、スクールに通うことの是非が問われたりしていて、「スクールなんか通ってもムダ!」って意見もありますが、筆客商売ってサイトでは、ムダじゃないよって話が昔出てたんですが……どうしても見つけられませんでした……。

ちなみに、このサイト↓
http://sakka-gr.hp.infoseek.co.jp/

 うろ覚えですが、確か、宮部みゆきもどこかのスクール出身だという話が書いてあったんですよね~。
 ただ、新人賞をとる人って、「初めて小説書きました」って人も多いので、結局のところ、「人によりけり」ってことなのかもしれません。

投稿: リカ | 2007/02/19 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35231/13833654

この記事へのトラックバック一覧です: R-18文学賞のクリック投票:

« 『硫黄島からの手紙』を観てきました | トップページ | 矢崎在美 『クリスマスのぶたぶた』 »