« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »

2011/06/17

ご無沙汰しております

 ども、リカです。
 ご心配くださっていた方もいらしたようで、申し訳ないです。
 生きてます。

 えーと、ぶっちゃけ、母との死別におけるなんやかやは、もうほとんどが片付いていて、落ち着いて過ごしています。
 ブログ更新しなかったのは、単純にサボリです。えへっ。

 でも母が旅立ってからすぐは、ほんっとーに大変でした。
 むっちゃ髪が白くなったよ!
 たぶん、「孫がいるんですよ~」と言っても誰も疑わないよ!

 何が大変だったかって、父があそこまで一人で何にも決められない人だとは思ってなかったからさ……。
 「コレ、どうなっとるんかのう~」→「それはこうすればいいんじゃねーの」→「え、どうやるんかの~」→「書いてあるじゃろ!」→「よ~わからんわ~」(やって欲しそうな匂いがプンプンする)
 そして何事も進まず。気が付いたらテレビを眺めている父。
 「うがああああ、貸せええええ!」
 とまあ、一事が万事、この調子。
 二馬力あるように見せかけて、実質0.5馬力!
 しかも、いくら娘とはいえ、保険やら銀行やら何やら事務仕事はとにかく父の承認がいるので、ほんっと面倒だった!
 たぶん、一人で何もかも決めてもいいからやれって言われたほうが、楽だったよ……。
 でもお金持ちはもっと大変なんだろうな~。
 まあ年をとってるからね、仕方ない部分もあるんですけども。
 普段の生活能力はあるので、その辺りは安心できています。

 でもまあ何とか、大体のところは片付きました。後から何か出てきそうな気もしてましたが、今のところ大丈夫っぽい。
 もうディーラーとかに頼まなくても、軽なら一人で廃車処理ができるようになったよ! えっへん。むっちゃ簡単だったよ!

 「手も金も出さないなら口も出すなあああああ!」
 と何度叫びたくなったことか……。なんかいろいろあってね……。いや、つーか似たようなこと言ったりしてたけどね……。

 とまあ、イライラカリカリしているのを全部受け止めざるを得なかったのは、我が夫でした。
 お気の毒でございます。

 あと、禁断の宗教ネタですが。
 勘の良い方ならば、前回の更新記事で分かったかと思いますが。
 うち、キリスト教なんですよ。聖公会。日本なら英国教会と言った方が有名なのかな。
 まあ私は敬虔な信者ではないので、右の頬をやられたら左の頬に五万倍にして殴り返す主義ですけど。合法的に。
 ……それはともかく。
 それで普通のお葬式とは違うことがいろいろあって、それが大変だったのもあったかな~。
 参列してくださった方も、おそらくはかなり戸惑っておられたことと思います。申し訳ないです。

 まあ今後の参考になるかどうか分かりませんが、香典でも御花料でも文言なぞ気にしなくていいですよ。弔電も別に何を書いていても誰も気にしてないです。
 日本においてマイノリティであることは、皆自覚してますからね~。
 気持ちがありがたい、ということですよね。何事も。

 ま、とりあえずは片付きました。

 で、話は変わって。

 ロマン大賞の二次、三次通過作品が発表になってまして。
 私のはダメでした~。ぐすん。

 というわけで、次のノベルに向けてバリバリ書きたいんですけども。
 今月初旬まで、一文字たりとも書いてなかったんでね……。
 今、うひ~と言いながら書いてます。

 なので今後もあんまり更新しないと思います。てへっ。

 では、取り急ぎ報告まで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年7月 »