« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/27

さよなら、ぱるぴー 2

 こちらの記事の続きです。

 さて。
 その17年乗ってたぱるぴーは、古いだけあって、いろんなところにガタが来てはいました。

 いついかなるときも、タコメーターはレッドゾーンまで振り切っていたとか (もちろん実際の回転数はそんなに上がっていない)。
 ウィンカーのランプのところに水が溜まっていたとか(しばらく雨が降らないとその水は減ったりする)。
 サイドミラーは本来は車内から操作できるのですが、自力で押してやらなきゃいけなくなったとか。

 まあでも、どれも小さなことなので、修理などはせずに乗り続けました。

 だがしかし。

 これは、その症状と関係あるものかどうかは分からないのですが……。
 ある日から、カーブを曲がるときに、コッコッコッコッと小刻みに何か叩くような音がし始めました。

 でもいつも鳴るわけじゃないんだよねー。ときどき。
 なので夫にも聞いてもらおうとしたんですが、この音に遭遇はできなかった……んじゃないかな。どうだろう。

 ときどきだったので、まあまた酷くなってきたら修理しないといけないかなーと思いつつ、そのまま乗り続けました。

 そんなある日。
 それどころじゃないことが起きました。

 走行中にエンジンが止まる。

 オートマ車ですよ。マニュアル車でエンストさせているわけではないんですよ。
 はじめはビビりましたねぇ。
 でもね、何度か経験するうちに、どーも走行し始めにしかならない、と気づいたわけですよ。
 当時、規則正しく病院に通っていたので、朝しかエンジン止まらない、と割と早めに判明しました。

 これももちろん、いつもそうなるわけでもなく。
 しかも決まって速度がかなり落ちているとき、もしくは止まっているときにしかならなかったので、しばらくは乗り続けました。
 止まりかけの車でニュートラルに入れてエンジンかけ直すのもお手のものになってきたりして。

 でも少しすると、どーにも頻度が上がってきた気がしたので、さすがに怖くなってきて。

 出先からの帰りの通りすがり、黄色い帽子のお店に突入しました。

 で、これこれこーいうわけなので、みてください! と依頼しましたらば。
 じっくり見てくれたのち、以下のようなことを言われました。

 「古いのでいろんなところに原因がある気がするが、どれも決定的ではない。うちでは分からない。ディーラーに持っていけば、コンピューター診断をしてくれると思う」

 そんなわけで、ディーラーに行くことにしました。
 ちなみにこのとき、工賃とかは「いいですよ♪」と言われました。ありがとう、黄色い帽子さん! 車上げたり、いろんな検査してくれたりしてたのに。

 で、そのままディーラーへ。
 んでんで、そのコンピューター診断とやらをしたのかどうか知りませんが、とにかく原因は判明しました。

 水温を測る部品が壊れている。

 ということらしい。
 その部品が、「水温がすごく高いよ! 熱いよ熱いよ!」と判断したら、エンジンが止まるということになっていた模様。

 「エンジンをかけ直すたびに、その部品がいろんな水温を表示する。いくらなんでもその差がありすぎる。なのでほぼ間違いなく、その水温を測る部品が壊れていることが原因」
 とのこと。確か(うろ覚え)。

 よく覚えてはいないんですが、そんなに高くなかった気がする。なので、即修理。
 そしてエンジンが止まることはなくなりました。

 が、その修理のときに、ディーラーの整備士さんが言うことには。
 「でも、水温が常に少々高いです。まだ修理ってほどではないと思うんですが。なので、水温計はよーく見ておいてくださいね! ヤバいと思ったら、車をすぐに路肩に止めて! それで、すぐ直しましょう!」

 予言だな。
 いや、専門家からしたら、当然の成り行きなんでしょうが。

 というわけで、続く。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/04/21

さよなら、ぱるぴー 1

 ども。
 ひっそり生きてます。
 そしてひっそり更新です。

 更新がないのは、ロマンの最終連絡があったから?!
 などとステキなことを思った方はいないと思いますが、念のため言っておくと、フツーにないです。ははっ……。ぐすぐす……。
 更新してなかったのは、いつものよーにサボりです。

 さて。
 話は変わって。

 タイトルのぱるぴーというのは、私の愛車の名前です。
 正確には「ぱるぴージュニア」です。

 というか、愛車……だった……んですけどね……。

 ああ、私の青春そのもの! ぱるぴいいいいいい!

 というわけで、我がぱるぴーを先日手放しました。
 もうね、なんというかね……。

 喪失感が半端ないです。

 なんせ、17年乗ってましたから!
 買ったときに、乗り潰そうと決めてました!
 ホントに限界まで乗り潰しました!

 「ぱるぴー……。もっと乗ってやりたかったよ……すまん……すまん……」
 てなことを夫の前で愚痴ってましたらね。
 「あのね、17年乗ったらもう充分だから! 人間でいうと、とっくに定年の歳なのに働かせてたようなもんだから! もういい加減、休ませてやって!」
 と言われたんで。
 それもまあそうかな、と思いながら。
 でもやっぱり、一生共にいたかったくらいの気持ちが残ってます。
 だって17年も一緒にいたんだよー!

 あ、17年乗ってるとか言ってますけど、この私は設定的にハタチです! とか、なんかもーどーでもいいんで。(をい)

 ちなみに、写真はあんまり残ってないです。
 というのも、私がぱるぴーを買った頃、職場ではまことしやかに「車を写真に撮ると廃車になる」という噂が流れてまして、なんか怖くてあんまり撮ってなかった。

 んで。

 廃車にした理由はですねー。

 水温計がHより先まで振り切ったから、です。

 ラジエーターさん、やられちゃった……。
 その前に注意喚起はされてたんだけどね……。
 「水温計を注意深く見ていてくださいね!」ってさ……。
 ニッサンの人、すげーよ……。よく分かったね……。

 そんなこんなで、今日はここでおしまい。

 恐ろしいことにタイトルに「1」とかつけてますけど、一応、続きを書くつもりです。

 まともに更新できるのかよ?! とか思う方もいらっしゃるでしょうが。
 私も更新できるか不安です。えへっ(をい。
 次はいつになるかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年5月 »