« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »

2012/05/09

さよなら、ぱるぴー 3

 こちらの記事の続きです。

 実は、これよりかなーり前の話になりますが。
 ラジエーターがやられちゃったことは、以前にもありました。

 まだ自分で車を持っていなくて、家族の車だったんですけどね。
 その車でドライブ中、雨の中でやたらボンネットから湯気が出てて。
 よく見ると、水温計がHを振り切ってて。

 友人とギャー! と叫びながら、近くのコンビニまで走らせました。

 一応確認してみようってことで……なんというかな、ボンネット開けたら、手前真ん中に、雲型みたいな蓋、ありますよね……あれ。
 あれ開けたんですよ。
 したらば。

 噴水よろしく、お湯が噴き出しました。

 ギャー! の一言でしたよ。ほんと。
 こえええええ! と慄いて。

 で、7-11に飛び込みました。ちなみに夜中。

 「あのう……大変申し訳ないんですが、お水をいただけませんか……」
 「えっ、はいっ」
 なんかコップみたいなのを手に取るお兄さん。
 今でこそ、お水って普通に売ってますけど、その当時ってそこまで普及してなかったような……気がする。なのでこの反応だったのかも。
 「いや……それが……車が……」
 「ああ、なるほど」
 お兄さんはすぐさま理解して、デカい水差しに水を入れてくれました。

 で、その水をその車に補給したんですけどね。

 カラの水差しを持って店内に戻りまして。
 「あのう……重ね重ね申し訳ないんですが……」
 「おかわりですね?」
 「はい……」

 なんというか、あのときのお兄さんには本当にお世話になりました。
 マジで「おかわり」と言われました。さらっと笑いながら言うあたり、頭のいい人だなーと思ったなあ。

 で、水は売ってなかったので、他のコンビニにかろうじて置いてあった2リットルの水を購入して、ペットボトルを抱いて震えながら車を走らせました。
 止まったらどうしよう! ってなことばかり考えてましたね。
 そのときは、なんとか無事に帰れました。
 雨が降っていたのが良かったんじゃないかなあ。

 さて。

 そういう経験があったわけなんで、水温が上がるのはすげー怖い! とは思っていたんですよ。

 で。

 うちのぱるぴーなんですが。
 ある日、ふと水温計を見ると、少しばかり高いんですよね。
 で、ちょっと止まると下がるし、どうやってもHは振り切らない。
 どうするかなーと思ってたんですが、やっぱり怖くなって。

 んで、またまた同じ黄色い帽子さんに飛び込みました。
 そのときもまた、丁寧に見てくれたんだと思います。

 店内から、作業場が少し見えるんですが、床が濡れているのが見えたんですよね……。
 嫌な……嫌な予感がするぞ……。まさか怪我人は出てないよね……。

 しばらくして、整備士さんらしき人に呼ばれまして。

 「ラジエーターがやられちゃってますねー」
 「やっぱり」
 「蓋空けたら、水が噴き出してきましたよー」

 ひいいいいい! あれだああああ! すみません、すみません! そんな危険にさらしてしまって!

 で、やっぱりディーラーで見てもらったほうがいいって言われまして。
 またしても、工賃はいらないって言われまして。
 ほんっとーに黄色い帽子さんでいつか何かを買おうと誓いました。むかーしチェーンを買ったきりだし。

 で、そのままディーラーに向かったんですけどね。
 Hまで振り切らなかったものが、今度はいとも簡単に振り切るようになってました。
 黄色い帽子さんは、目詰まりを掃除したとか言ってたような気がするので、そのせいか分からないんですけど。
 怖い、怖いよー! 交差点の真ん中で止まったらどうしようー!
 と死ぬ思いでディーラーにたどり着いたら。

 定休日。

 そうだったー!

 というわけで、また泣く泣く自宅に帰ることにしました。

 つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年7月 »